過去のセミナー一覧

※ブラウザを閉じてお戻り下さい。

プラント配管の熱膨張応力解析の必要性

日工Webセミナー2020(10月30日開催)
◆◇プラント配管の熱膨張応力解析の必要性◇◆

 プラント配管系においては、熱膨張におけるフレキシビリティ及びそれと相反する地震等の振動に対する管路剛性確保という要求を満足させねばならず、ここに配管系独特の設計の困難さがあります。本セミナーでは、プラント配管系の配管熱膨張による応力解析の基本とその必要性と判断基準について解説します。

開催日
2020年10月30日(金)13:30~15:30(質疑含む)
会 場
オンライン(Webex Meetings使用)
参加費
11,000円 税込(講演テキストは事前に郵送します)
定 員
30名
主 催
日本工業出版(株)

NCマシン シミュレーションとその有効活用法

日工Webセミナー2020(10月27日開催)
◆◇NCマシン シミュレーションとその有効活用法◇◆

 最初に「NCマシンシミュレーション」はどのように使用することで最大のメリットが得られるのかを簡単な例をもとに説明する。次に標準化の一環として、CAMや工具管理ソフトとの連携による工程管理における役割を紹介する。後半は加工シミュレーション結果から得られる情報とそれをもとにNCデータを最適化する手法などを、また、最後にアディティブマニュファクチャリングなどでの使用例などを具体的に紹介する。

開催日
2020年10月27日(火)13:30~15:00(質疑含む)
会 場
オンライン(Webex Meetings使用)
参加費
11,000円 税込(講演テキストは事前に郵送します)
定 員
30名
主 催
日本工業出版(株)

溶接プロセスのセンシング・モニタリング技術の基礎と応用

日工Webセミナー2020(10月22日開催)
◆◇溶接プロセスのセンシング・モニタリング技術の基礎と応用◇◆

 溶接の自動化や溶接工程のIoT化をすすめる上で、溶接は、外乱や変動が多いため、プロセスのセンシング・モニタリング技術が必要です。しかしながら、アーク溶接は、強烈な光の発生や複雑な物理現象のため、インプロセス中の可視化や品質確認が難しいプロセスです。本セミナーでは、アーク溶接プロセスのセンシング・モニタリング技術について、その基礎と応用、最新の技術動向について解説いたします。

開催日
2020年10月22日(木)13:00~17:00
会 場
オンライン(Webex Meetings使用)
参加費
33,000円 税込(講演テキストは事前に郵送します)
定 員
30名
主 催
日本工業出版(株)

トヨタ生産方式をプラスチック成形に応用しよう -基本の理解と不良対策への応用-

日工Webセミナー2020(10月21日開催)
◆◇トヨタ生産方式をプラスチック成形に応用しよう -基本の理解と不良対策への応用-◇◆

 プラスチック成形加工プロセスへのトヨタ生産方式の適用を目指します。トヨタ生産方式の歴史と概要をご説明の上、成形加工に適用する際に乗り越えるべきハードルを解説します。実務適用としては、成形不良の本質原因究明と源流対策を狙いとします。対応手法ごとに具体事例で説明しますので、容易に実務展開可能です。最後のまとめでは、原価改善/生産性向上への適用に関しても概要を説明します。長期連載予定の本テーマの全体概要がわかります。
 トヨタ自動車出身でその後サムスン等を経験したことから、一般化したわかりやすい内容です。

開催日
2020年10月21日(水)13:30~15:30(質疑含む)
会 場
オンライン(Webex Meetings使用)
参加費
11,000円 税込(講演テキストは事前に郵送します)
定 員
30名
主 催
日本工業出版(株)

各規格に基づく金属性ベローズ型伸縮管継手の強度計算

日工Webセミナー2020(10月16日開催)
◆◇各規格に基づく金属性ベローズ型伸縮管継手の強度計算◇◆

 金属製ベローズ型伸縮管継手について、その用途や特徴、型式について説明する。また、伸縮管継手に関する規格であるEJMAやKelloggの強度計算式を用いてベローズの耐圧強度や疲労寿命を算出するプロセスについて解説する。

開催日
2020年10月16日(金)13:30~15:30
会 場
オンライン(Webex Meetings使用)
参加費
11,000円 税込(講演テキストは事前に郵送します)
定 員
30名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」

回転機械中級編(圧縮機)

日工セミナー2020(10月15日開催)
◆◇回転機械中級編(圧縮機)◇◆

 石油精製、石油化学、ガス精製、LNGなどのプラントの中で、様々な圧縮機(コンプレッサ)が使用されます。本講座では、主にプラントの設計に従事する技術者向けに、圧縮機に関する基礎的な知識から、実際の設計の中で押さえておくべき点について詳しく解説します。機械設備エンジニアに加えて、プロセスエンジニア、プロジェクトエンジニア、またプラントの運転や保守に携わる技術者の方々の参加をお待ちしております。

開催日
2020年10月15日(木)13:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
オンライン受講(Webex Meetings使用)
参加費
33,000円 税込(講演テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人27,000円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「蒸気タービン」 3,300円 税込
   関連書籍(2)「ターボ機械入門編」 3,300円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場10名 オンライン30名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」、月刊「ターボ機械」

空調設備のリニューアル施工法

日工セミナー2020(10月14日開催)
◆◇空調設備のリニューアル施工法◇◆

 建築設備のリニューアル工事に際しては、建物を使用しながら施工する特性上、施設を運営管理する上での制約があり、それを解消するために様々な施工技術が開発されています。本セミナーでは、空調設備のリニューアル工事の計画と設計、各種特有の施工方法や留意点及び既存ダクトの再利用について解説いたします。

開催日
2020年10月14日(水)13:00~17:30
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
オンライン受講(Webex Meetings使用)
参加費
33,000円 税込(講演テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人27,500円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「空調設備配管設計再入門」 2,750円 税込
   関連書籍(2)「若手技術者向け空調機選定マニュアル」 2,200円 税込
定 員
東京会場12名 大阪会場8名 福岡会場6名 オンライン30名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「建築設備と配管工事」

今だから知っておきたいRFIDのすべて ~IoT時代のRFID活用術と導入に成功するための秘訣~

日工Webセミナー2020(10月8日開催)
◆◇今だから知っておきたいRFIDのすべて ~IoT時代のRFID活用術と導入に成功するための秘訣~◇◆

 RFIDシステムは1986年頃から国内では工作機械業界や自動車業界での採用が始まっており、その他の産業界へ展開されて今日に至っている。そして、近年、RFIDシステムはコンビニやアパレル業界での導入が加速しつつある。
 しかし、RFIDの導入に成功するためにはRFIDの本質を理解しておく必要がある。また、国際標準化、あるいは業界標準化も進んでおり、その内容についてもしっかりと把握しておかなければならない。
 このような背景のもと、本セミナーではRFIDの基礎からIoT時代におけるRFIDの活用法、各種標準化の動向、およびRFIDの導入に成功するための秘訣等について説明する。

開催日
2020年10月8日(木)13:30~15:30(質疑含む)
会 場
オンライン(Webex使用)
参加費
11,000円 税込(講演テキストは事前に郵送します)
定 員
30名
主 催
日本工業出版(株)

プラスチック入門(分子構造・特徴から使用上の注意点)

日工Webセミナー2020(9月30日開催)
◆◇プラスチック入門(分子構造・特徴から使用上の注意点)◇◆

 はじめてプラスチックを勉強する方、より深く論理的に理解したい方に最適なセミナーです。
 日常生活での活用例から、どのような種類のプラスチックがどのように使われているかを理解します。プラスチックの原子構造を金属・無機物と比較することで、直感的に、しかし原理原則でその特性メカニズムがわかります。後半では各種のトラブル事例を紹介します。トラブルの原因や使用上の注意点は、前半での原理原則の視点で自然に理解できます。応用として、プラント・配管への活用でのトラブル防止を考えてみます。
 トヨタ自動車での使う立場、サムスンでの開発・販売という両面を経験した講師ならではの、わかりやすいセミナーです。

開催日
2020年9月30日(水)13:30~15:30
会 場
オンライン(Webex使用)
参加費
11,000円 税込(講演テキストは事前に郵送します)
定 員
30名
主 催
日本工業出版(株)

プロセス設計と推進力(driving force)

日工Webセミナー2020(9月29日開催)
◆◇プロセス設計と推進力(driving force)◇◆

 化学工学には設計に共通するキーワードが幾つかありますが、その一つがdriving force(推進力)です。プラント設計では蒸留やガス吸収あるいは反応などの単位操作を組み合わせてプロセスを構築します。単位操作では質量や温度あるいは圧力が重要なパラメータですが、単位操作の性能に影響する要因は単位操作内部に生じる濃度や温度あるいは圧力の差分です。この差分は操作点(不安定な状態)と平衡状態(安定な状態)との隔たりに相当し、それがdriving forceとなって質量・熱量・運動量の変化量と速度を決定します。
 もし外部から単位操作へのインプット(物質やエネルギー)が中断あるいは減少すると、内部の変化は停滞します。そこで変化を止めないためにあえて不安定な状態を作ること、つまりdriving forceを確保あるいは増加させる必要があります。ただし、driving forceの増加は経済性に対し負の影響を与えることもあるのでdriving forceの最適化が必要です。
 このセミナーでは単位操作におけるdriving forceを切り口に化学反応を含むプロセス設計を説明します。

開催日
2020年9月29日(火)13:30~15:30(質疑含む)
会 場
オンライン(Webex使用)
参加費
11,000円 税込(講演テキストは事前に郵送します)
定 員
30名
主 催
日本工業出版(株)

製剤の基礎から高活性製剤設備のエンジニアリング =無菌製剤/固形製剤設備構築のための基礎と応用=

日工セミナー2020(9月24日・25日開催)
◆◇製剤の基礎から高活性製剤設備のエンジニアリング =無菌製剤/固形製剤設備構築のための基礎と応用=◇◆

 今日の医薬品製造施設・設備、特に高活性医薬品製造設備では高い生産性や経済性の他に高度な封じ込め性能や明確な曝露特性評価が求められます。本セミナーはより実務に役立つ情報の提供を主眼とし、基礎的事項の理解と合わせ、まさに今求められている高活性医薬品製造設備の構築をテーマに開講致します。設備における封じ込めやクロスコンタミ対策、また海外のGMP動向や新たな事例紹介等を踏まえ、適切な設備構築の考え方を整理し、また検証方法について解説致します。
 尚、受講者には基礎的事項を網羅した「製剤設備エンジニアリングガイド(PEG I)改訂版」及びリスクベースアプローチの観点から高活性医薬品製造設備の構築手法を解説した「製剤設備エンジニアリングガイドII(PEG II)」を進呈致します。

対 象
医薬品製造会社の製剤設備の製造・設備管理/保全・品質管理・品質保証部門担当者
医薬品製造設備関連技術者/医薬品製造施設関連技術者
製剤設備において実務知識を習得したい方 など
開催日
2020年9月24日(木)13:00~17:00・25日(金)10:00~16:40
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
オンライン受講(Webex使用)
参加費
55,000円 税込(講演テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人49,500円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「早わかりQ&Aクリーンルームの設計・施工マニュアル改訂版」 2,750円 税込
   関連書籍(2)「GMP準拠細胞処理施設の基本」 2,750円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名 オンライン30名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「クリーンテクノロジー」・月刊「建築設備と配管工事」

規格に基づく圧力設備の健全性評価 - 疲労・クリープ・減肉評価と検査 -

日工セミナー2020(9月16日開催)
◆◇規格に基づく圧力設備の健全性評価 - 疲労・クリープ・減肉評価と検査 -◇◆

 圧力容器、配管、貯槽など圧力設備の寿命に影響する代表的な損傷形態には、疲労、クリープおよび減肉があります。月刊「配管技術」の2019年2月号、7月号、9月号は規格別(ASME Div2, BS PD5500, EN 13445-3)に疲労評価の概要を取り上げ、多くの読者から好評いただきました。
 今回のセミナーでは金属材料で構成された圧力設備を対象として、各規格の設計基準を比較しながら、疲労・クリープ・減肉の各損傷に関する、基本的な発生メカニズム、材料の挙動と強度特性、寿命評価の考え方及び、寿命評価のベースとなる強度評価の方法について解説します。
 また、実務で最も使用される式、図表の関連性などついて実例を交えてわかりやすく解説します。圧力設備の設計、運転、保守に関わる実務で経験を積もうとする若手技術者が、疲労・クリープ・減肉評価の規格体系を俯瞰できるような講座となっております。

開催日
2020年9月16日(水)10:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
オンライン受講(LiveOn使用)
参加費
38,500円 税込(講演テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人33,000円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「圧力設備の破損モードと応力」 2,750円 税込
   関連書籍(2)「プラント配管・機器の要素技術と評価」 2,750円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名 オンライン10カ所
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」

配管材料基礎講座 -付随する機材の選び方・使い方-

日工セミナー2020(9月11日開催)
◆◇配管材料基礎講座 -付随する機材の選び方・使い方-◇◆

 本講義は配管に付随する機材として配管を計画する上で欠かせない構成要素でもある、「シール材、スチームトラップ、ストレーナーとサイトグラス、保温保冷材、伸縮管継手、フレームアレスタ」といった配管に付随する機材を取り上げ、その用途、機能、選定方法、設計及び運用時のトラブル事例を中心でそれぞれメーカの技術者よりご解説いたします。

開催日
2020年9月11日(金)9:30~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
オンライン受講(Webex使用)
参加費
38,500円 税込(テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人33,000円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「プラントレイアウトと配管設計」 3,300円 税込
   関連書籍(2)「プラント配管・機器要素技術と評価」(月刊「配管技術」2019年2月増刊号) 2,750円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名 オンライン30名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」

ポリエチレン管を取り巻く最新動向III

日工セミナー2020(9月10日開催)
◆◇ポリエチレン管を取り巻く最新動向III◇◆

 流体圧送管用途において、鋼管・鋳鉄管等、金属管全盛の時代に市場参入したポリエチレン管も、今や、60年余が過ぎ、金属管と相互補完しあうまでの大きな市場に成長してきました。一方、各国でバラバラに制定されたポリエチレン管規格も国際規格であるISO規格との整合化が進み、国内外メーカーの垣根は無くなりつつあります。
 本セミナーでは、ポリエチレン管を取り巻く最新動向の第三弾として、ポリエチレン管の市場動向に加え、バルブや金属管継手等、周辺部材の最新市場動向も検証するとともに、輻射空調などの川下市場の市場動向も紹介します。

開催日
2020年9月10日(木)13:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
オンライン受講(Webex使用)
参加費
33,000円 税込(講演テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人27,500円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「給排水・衛生設備工事読本」 3,300円 税込
   関連書籍(2)「空調衛生設備 試運転調整業務の実務知識」 3,300円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名 オンライン30名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「建築設備と配管工事」、月刊「クリーンテクノロジー」

多管式熱交換器の検査技術

日工セミナー2020(9月9日開催)
◆◇多管式熱交換器の検査技術◇◆

 多管式熱交換器は、産業プラント装置の中で部品数が多く、材質も多種多様です。劣化モードもさまざまで多くの検査技術が併用されています。本セミナーでは多管式熱交換器の種類、構造、設計及び代表的な劣化、及びさまざまな検査技術の原理や特徴を事例も含め解説します。

開催日
2020年9月9日(水)10:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
オンライン受講(Webex使用)
参加費
38,500円 税込(講演テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人33,000円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「ポンプのキャビテーション損傷の予測と評価」 4,400円 税込
   関連書籍(2)「圧力設備の破損モードと応力」 2,750円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名 オンライン30名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「検査技術」・月刊「配管技術」・月刊「計測技術」

セントラル空調システム自動制御入門

日工セミナー2020(9月4日開催)
◆◇セントラル空調システム自動制御入門◇◆

 空調設備設計では設計負荷(最大負荷)を満足するように設備を選定するのに対して、自動制御は変動する負荷に対応してエネルギーを過不足なく供給することによって、建物の快適性と省エネルギーを実現します。このため、空調設備と自動制御は一体不可分であり、合わせて理解することが求められます。
 一方、自動制御はプロセス制御から機器組込型制御まで多岐にわたるために空調設備技術者には入りにくい分野でした。そこで、本セミナーでは空調設備制御に特化した下記編の内容を実務にただちに使えることをめざして解説します。
  ・基礎編:セントラル空調システムで一般的なPIDフィードバック制御
  ・機器編:フィードバックループを構成する検知器、操作器、調節器
  ・応用編:空調機廻り、熱源廻りの代表的な制御手法
 についてわかりやすく解説します。
 尚、講師の説明は当日配布する「環境共生世代の建築設備の自動制御入門」の内容に即して行うことによって、受講後の復習や、社内での勉強会にも役立つことを目指しています。

開催日
2020年9月4日(金)10:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
オンライン受講(LiveOn使用)
参加費
38,500円 税込(講演テキスト・「環境共生世代のための建築設備の自動制御入門 新改訂版」含む) ※3名以上ご参加の場合お一人33,300円 税込
 ※本書籍をすでにお持ちの場合も同額とさせていただきます。
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「空調設備配管のフラッシング」(月刊「建築設備と配管工事」2020年2月増刊号) 2,200円 税込
   関連書籍(2)「空調設備配管設計再入門」 2,750円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名 オンライン10カ所
主 催
日本工業出版(株) 月刊「建築設備と配管工事」・月刊「クリーンテクノロジー」

プラント配管解析の基礎と事例

日工セミナー2020(9月2日・3日開催)
◆◇プラント配管解析の基礎と事例◇◆

 配管解析については、昨今ソフトウエアの進歩により、材料力学、解析の素養がなくても入力さえできれば結論が得られるようになっており、便利な反面、間違えに気づかないまま計算を完了してしまう怖さもあります。今回のセミナーでは応力解析の基礎から様々な事例の解説を網羅した内容で講演いただきます。皆様のご参加をお待ちしております。

開催日
2020年9月2日(水)13:00~17:00・3日(木)9:30~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
オンライン受講(LiveOn使用)
参加費
60,500円 税込(講演テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人55,000円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「プラント配管解析技術」(月刊「配管技術」2015年2月増刊号) 2,200円 税込
   関連書籍(2)「圧力設備の破損モードと応力」 2,750円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名 オンライン10カ所
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」

油圧技術基礎講座(作動油とフィルタ)

日工セミナー2020(8月31日開催)
◆◇油圧技術基礎講座(作動油とフィルタ)◇◆

 本講座は油圧技術入門、油圧作動油、フィルタと熱交換器について、わかりやすく解説します。初めて油圧技術に取り組む方、油圧の設計技術、営業技術、保全技術に携わっている方々を対象に、油圧作動油とフィルタの基礎知識を一通りマスターできるカリキュラムとなっております。

開催日
2020年8月31日(月)13:00~17:30
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
オンライン受講(Webex使用)
参加費
33,000円 税込(講演テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人27,500円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「油圧基幹技術 ~伝承と活用~」 4,950円 税込
   関連書籍(2)「油空圧シール技術のすべて」 2,750円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名 オンライン30名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「油空圧技術」

流量計測の技術トレンドと最新技術動向

日工セミナー2020(8月28日開催)
◆◇流量計測の技術トレンドと最新技術動向◇◆

 流量計測方法に関する新たな技術展開、従来の計測技術の組み合わせによる応用製品など、新たな産業分野およびスマート社会に向けて進化している流量計の性能・機能などの最新技術、応用例、アプリケーションに関するトピックスを中心に情報提供します。

開催日
2020年8月28日(金)10:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
オンライン受講(Webex使用)
参加費
33,000円 税込(テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人27,500円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「最新の計測制御機器2020」(月刊「計測技術」2020年1月増刊号) 2,200円 税込
   関連書籍(2)「渦流量計の創造」 1,650円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名 オンライン30名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「計測技術」

プラントにおける振動問題の基礎と対策

日工セミナー2020(8月26日開催)
◆◇プラントにおける振動問題の基礎と対策◇◆

 プロセスプラントの各種機器、配管などでは様々な要因により振動によるトラブルが起こります。すべての振動を設計段階で回避するのは極めて困難なため、多くの場合運転開始後に問題が発生します。振動の問題が発生した際、現場で振動計測、データ解析など行い、その原因を究明しなければなりません。本セミナーでは多くのプラントで振動トラブルを解決してきたベテラン講師が配管系、回転機器、加熱機器、静機器に関係する主な振動の原因とその対策について解説いたします。一日の講義でプラントに関連する各種振動現象と主な対策を理解できるように構成しております。振動問題の対策でお困りの皆様のご参加をお待ちいたします。

開催日
2020年8月26日(水)10:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
オンライン受講(LiveOn使用)
参加費
38,500円 税込(テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人33,000円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「プラントの運転から寿命予測までの最新技術」(月刊「配管技術」2020年2月増刊号) 2,200円 税込
   関連書籍(2)「圧力設備の破損モードと応力」 2,750円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名 オンライン10カ所
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」

ボイラの運転と制御

日工セミナー2020(8月25日開催)
◆◇ボイラの運転と制御◇◆

 本講座は、ボイラの運転・制御の基本について、制御が専門の技術者でなくても理解し易い様に解説します。予兆監視等へのIoT/AI技術の適用例や、近年ますます増加する変動再生可能エネルギー(太陽光発電や風力発電)に対応するための運用高度化技術(負荷変動対応技術)についても解説します。

開催日
2020年8月25日(火)13:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
オンライン受講(LiveOn使用)
参加費
33,000円 税込(講演テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人27,500円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「圧力設備の破損モードと応力」 2,750円 税込
   関連書籍(2)「プラントの運転から寿命予測までの最新技術」(月刊「配管技術」2020年3月増刊号) 2,200円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名 オンライン10カ所
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」、月刊「検査技術」、月刊「計測技術」

デジタルツイン・シミュレーションによる予測技術

日工Webセミナー2020(8月24日開催)
◆◇デジタルツイン・シミュレーションによる予測技術◇◆

 プラントの運転データを用いてプラント物理モデル内のバラメータの高精度化を行うデジタルツイン・シミュレータにより、将来の運転状態を予測する技術について解説する。

開催日
2020年8月24日(月)13:30~15:30(質疑含む)
会 場
オンライン(Webex使用)
参加費
11,000円 税込(講演テキストは事前に郵送します)
定 員
30名
主 催
日本工業出版(株)

配管変形における供用適性評価

日工Webセミナー2020(8月18日開催)
◆◇配管変形における供用適性評価◇◆

 配管や圧力設備の保全技術の中核をなす供用適性(Fitness For Service, FFS)評価法がAPI RP579として2000年に規格化されてから、多くの供用中劣化・損傷に対する設備の強度や余寿命評価の方法が開発・導入されました。
 今回のWebセミナーでは、プラントで発生する配管変形や配管溶接継手の目違いに対して、API579による供用適性評価について、例題を交えて解説します。産業設備全般のユーザ、メンテナンス・検査各社など保全業務を担当されている方々に実践的配管変形のFFS評価技術力を身につけて頂ける内容としました。

開催日
2020年8月18日(火)13:30~15:00(質疑含む)
会 場
オンライン(Webex使用)
参加費
11,000円 税込(講演テキストは事前に郵送します)
定 員
30名
主 催
日本工業出版(株)

建築設備用途別 配管と継手の選び方・使い方

日工セミナー2020(8月7日開催)
◆◇建築設備用途別 配管と継手の選び方・使い方◇◆

 建築設備で使用される配管材料は、多岐にわたっています。本セミナーは、給水設備・給湯設備・排水設備・空調設備の用途別に使われる配管と継手の選び方・使い方と施工管理技術、また、建築設備用配管の劣化、腐食、耐用性などについて解説いたします。

開催日
2020年8月7日(金)10:00~16:30
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
オンライン受講(10カ所)
参加費
38,500円 税込(テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人33,000円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「建築用途別配管の選び方」(月刊「建築設備と配管工事」2018年1月増刊号) 2,750円 税込
   関連書籍(2)「空調設備配管設計再入門」 2,750円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名 オンライン10カ所
主 催
日本工業出版(株) 月刊「建築設備と配管工事」

プラント耐震基準の制定と改正の背景から今後の動向

日工Webセミナー2020(7月30日開催)
◆◇プラント耐震基準の制定と改正の背景から今後の動向◇◆

 産業施設の耐震基準の検討が始まってからおよそ50年が経過しようとしています。この50年間に、大地震の経験と研究の進歩とともに耐震基準も変化して現在の形になってきました。しかしながら、当初から検討の経過や背景は記録として残されていません。本セミナーでは、基準制定の背景のポイントとなるところを解説します。
 現状の基準の背景を知ることによる耐震設計の本質的理解のために有益な情報が得られるよう特に配慮しています。また、耐震基準の性能化の流れの中で耐震設計手法も高級な手法から簡易的な手法までいろいろな手法を採用することができますが、本セミナーで学べば、基本的な体系は同じであり今後の耐震設計の在り方・動向についての理解を深めることができます。

開催日
2020年7月30日(木)13:30~15:30
会 場
オンライン(Webex使用)
参加費
11,000円 税込(講演テキストは事前に郵送します)
定 員
30名
主 催
日本工業出版(株)

プラント配管設計の基礎(配管サポート設計)

日工セミナー2020(7月29日開催)
◆◇プラント配管設計の基礎(配管サポート設計)◇◆

 プラント配管設計時、配管サポートの種類・特徴・使用上の注意点・使用材料について理解していなければなりません。設置ポイントが適切でない場合、コスト面の増加や、設計によるトラブルが生じる可能性があります。
 本セミナーでは、配管サポートの種類、選定方法、設置ポイント、配管レイアウトの注意点などを詳しく解説いたします。配管設計者に不可欠な知識が得られる機会となりますので、是非多数の方のご参加をおまちしております。

開催日
2020年7月29日(水)9:30~16:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
オンライン受講(10カ所)
参加費
38,500円 税込(テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人33,000円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「プラント配管・機器の要素技術と評価」(月刊「配管技術」2019年2月増刊号) 2,750円 税込
   関連書籍(2)「プラント配管レイアウトと配管設計」 3,300円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名 オンライン10カ所
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」

プラント溶接施工管理の基礎と技術動向

日工セミナー2020(7月28日開催)
◆◇プラント溶接施工管理の基礎と技術動向◇◆

 プラント配管の多くは溶接により接合されています。一般的な溶接と異なり、方法も多岐にわたるため、溶接を適切に施工・管理することが配管工事の品質に大きく寄与します。
 本セミナーでは、配管溶接の施工管理を中心に基礎、各種トラブル事例と対策、最新の溶接技術動向について解説いたします。

開催日
2020年7月28日(火)13:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
オンライン受講(10カ所)
参加費
33,000円 税込(講演テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人27,500円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「配管技術者のためのエンジニアリングガイド」(月刊「配管技術」2019年9月増刊号) 2,750円 税込
   関連書籍(2)「圧力設備の破損モードと応力」 2,750円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名 オンライン10カ所
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」・月刊「検査技術」

プラント装置まわりの配管設計

日工セミナー2020(7月22日開催)
◆◇プラント装置まわりの配管設計◇◆

 プラント装置まわりの配管設計は機器本体の知識や要求事項などを知っておく必要があり、考える要素も多くあります。今回の講義では各種主要装置(タワー、ドラム、ポンプ、コンプレッサ、パイプラック、タービン)周辺の配管設計について、それぞれの分野のべテランエンジニアにご解説して頂きます。

開催日
2020年7月22日(水)10:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
オンライン受講(10カ所)
参加費
38,500円 税込(テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人33,000円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「プラントレイアウトと配管設計」 3,300円 税込
   関連書籍(2)「化学プラント配管設計の基本」 3,300円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名 オンライン10カ所
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」

回転機械中級編(ポンプ)

日工セミナー2020(7月21日開催)
◆◇回転機械中級編(ポンプ)◇◆

 石油精製、石油化学、ガス精製、LNGなどのプラントの中で、様々なポンプが使用されます。本講座では、主にポンプ設備の設計に従事する技術者向けに、ポンプに関する基礎的な知識から、実際の設計の中で押さえておくべき点について詳しく解説します。機械設備エンジニアに加えて、プロセスエンジニア、プロジェクトエンジニア、またプラントの運転や保守に携わる技術者の方々の参加をお待ちしております。

開催日
2020年7月21日(火)13:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
オンライン受講(10カ所)
参加費
33,000円 税込(講演テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人27,500円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「ターボポンプ新改訂版」 3,300円 税込
   関連書籍(2)「ターボ機械入門編」 3,300円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名 オンライン10カ所
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」、月刊「ターボ機械」

冷凍空調機器におけるフロン規制と対策

日工Webセミナー2020(7月16日開催)
◆◇冷凍空調機器におけるフロン規制と対策◇◆

 冷凍空調機器は我々の生活に不可欠ですが、2020年はその存続に警鐘が鳴り始めた年となります。それはR22の生産禁止とHFC生産削減の問題です。今まで湯水のように使えた冷媒の使用に制限が課されます。冷凍空調機器の所有者はその事実を認識し冷凍空調機器と冷媒の管理をいま一層見直さなければなりません。また本年4月1日より、改正フロン排出抑制法が施行され、法遵守不履行内容によっては直接罰が適用されることになります。本セミナーは冷凍空調機におけるフロン規制と対策について解説いたします。

開催日
2020年7月16日(木)13:30~15:30
会 場
オンライン
※東京・大阪常設会場の参加も可能です。
参加費
11,000円 税込(講演テキストは事前に郵送します)
定 員
10名(オンライン)
主 催
日本工業出版(株)

放射線透過法による検査事例と適用機器

日工セミナー2020(7月8日開催)
◆◇放射線透過法による検査事例と適用機器◇◆

 社会インフラと並び、産業インフラは高経年化が進み維持管理の重要性増しています。対象となる設備・構造物の検査には様々な手法がある中で工業分野における非破壊検査の歴史の中でも古くから適用されている放射線透過法について、法規・規格、実用技術や開発終盤の技術について特徴や用途、適用実例ついて紹介します。
 *ご希望の方には、非破壊試験(NDT)活動の証明書を発行します。申込時備考欄にNDT活動証明書と記入してください。証明書はセミナー終了時に交付します。なお、JIS Z 2305レベル3再認証におけるクレジットシステムに活用される方は、ご自身で詳細をご確認ください。

開催日
2020年7月8日(水)10:00~18:00
会 場
出版クラブホール・会議室(東京都千代田区神田神保町1-32)
参加費
(一般)38,500円 税込(テキスト・昼食含む)
(日本非破壊検査工業会会員価格)27,500円 税込(テキスト・昼食含む)
定 員
50名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「検査技術」
後 援
(一社)日本非破壊検査工業会

防爆電気機器検定機関の最新動向

日工セミナー2020(7月2日開催)
◆◇防爆電気機器検定機関の最新動向◇◆

 防爆電気機器の検定は労災防止にとって重要な制度であるが、一方、技術革新の加速、目まぐるしく変化する世界情勢、企業間競争や検定機関間の競争など検定制度を取り巻く情勢は複雑化しています。2015年6月から外国に立地する機関においても厚生労働大臣の登録を受けることで検定を行うことができるように制度変更されました。このような状況の中で、検定申請者にとっては、検定機関の基本姿勢(目標、理念、自己の存在価値)を知ることで検定機関を選定する重要な指標になります。
 今回のセミナーでは、防爆電気機器型式検定制度、各社今後の展開について解説していただきます。参加者には最新版「計測機器:防爆規格適合製品ガイド2020」を無料配布いたします。

開催日
2020年7月2日(木)13:30~17:00
会 場
機械振興会館 地下3階 研修2室(東京都港区芝公園3-5-8)
参加費
33,000円 税込(講演テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人27,500円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「最新の計測制御機器2020」(月刊「計測技術」2020年1月増刊号)2,200円 税込
   関連書籍(2)「工業プロセス用調節弁の実技ハンドブック改訂第2版」3,300円 税込
定 員
70名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「計測技術」

手計算による配管の強度評価

日工Webセミナー2020(6月30日開催)
◆◇手計算による配管の強度評価◇◆

 材料力学の基本的な理論式を用いて、手計算による配管の強度評価を行う。規格要求事項の理解を深め、コンピュータによる計算結果の妥当性を評価するために、手計算による強度評価は有益である。また、コンピュータを使わずに複雑な形状の計算を行うマトリックス法による事例も紹介する。

開催日
2020年6月30日(火)13:30~15:30
会 場
オンライン
※東京・大阪常設会場の参加も可能です。
参加費
11,000円 税込(講演テキストは事前に郵送します)
定 員
10名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」

各規格に基づく金属性ベローズ型伸縮管継手の強度計算

日工Webセミナー2020(6月29日開催)
◆◇各規格に基づく金属性ベローズ型伸縮管継手の強度計算◇◆

 金属製ベローズ型伸縮管継手について、その用途や特徴、型式について説明する。また、伸縮管継手に関する規格であるEJMAやKelloggの強度計算式を用いてベローズの耐圧強度や疲労寿命を算出するプロセスについて解説する。

開催日
2020年6月29日(月)13:30~15:30
会 場
オンライン
※東京・大阪常設会場の参加も可能です。
参加費
11,000円 税込(講演テキストは事前に郵送します)
定 員
10名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」

ボイラ設備の損傷事例と対策(寿命評価と保守技術も含む)

日工セミナー2020(6月24日開催)
◆◇ボイラ設備の損傷事例と対策(寿命評価と保守技術も含む)◇◆

 本講座はボイラ本体(循環流動床ボイラやゴミ焼却ボイラも含む)とその周辺設備の損傷事例と対策、並びに寿命評価を含む保守技術について分かり易く解説します。20~30の損傷事例を取り上げます。
 検査や寿命評価方法及び、決定論的評価手法と確率論的評価手法を含む保守技術についても解説します。

開催日
2020年6月24日(水)13:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
参加費
33,000円 税込(講演テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人27,500円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「プラントの運転から寿命予測までの最新技術」(月刊「配管技術」2020年3月増刊号) 2,200円 税込
   関連書籍(2)「圧力設備の破損モードと応力」 2,750円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名 オンライン10カ所
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」、月刊「検査技術」、月刊「計測技術」

プロセスプラント計装設計入門

日工セミナー2020(6月22・23日開催)
◆◇プロセスプラント計装設計入門◇◆

 プロセスプラントにおける計装制御は、人間に例えると五感と神経と頭脳の部分であり、その性能や信頼性は、プラントの安定運転、安全、情報化、プラントサイクルコストに大きく影響します。プラントの建設プロジェクトにおいては、計装制御の設備計画から試運転に至るまで様々な業務を適切に進めていく必要があります。本講座では、計装制御に関する基礎知識とプロジェクトにおけるエンジニリングの実務について講義を行います。プロセスエンジニア、機械エンジニア、プロジェクトエンジニア、またプラントの運転や保守に携わる技術者の方々の参加をお待ちしております。

開催日
2020年6月22日(月)13:00~17:00・23日(火)10:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
参加費
60,500円 税込(テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人55,000円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「最新の計測制御機器2020」(月刊「計測技術」2020年1月増刊号) 2,200円 税込
   関連書籍(2)「温度計の正しい使い方」 2,200円 税込
   関連書籍(3)「工業プロセス用調節弁の実技ハンドブック」 3,300円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名 オンライン10カ所
主 催
日本工業出版(株) 月刊「計測技術」

油圧バルブのメカニズム入門

日工Webセミナー2020(6月19日開催)
◆◇油圧バルブのメカニズム入門◇◆

 油圧バルブは、油圧装置の中でポンプとアクチュエータと並び、油圧装置を構成する重要な油圧機器です。油圧バルブの種類は、方向制御弁、圧力制御弁、流量制御弁、サーボ弁などに分類できますが、油の流れがある流路内に可動部品が複雑に組み込まれ、その形態は多様です。油圧バルブの構造や作動原理は、白黒図面では理解することが困難でも、動画を見るようなカラー図面ならば容易です。本講座では、フルカラーの著書をテキストとして用い、とくに初学者向けに油圧バルブのメカニズムについて要点を解説します。なお、受講者には、2020年3月に発刊された著者の書籍「油圧バルブのメカニズム」を事前配布致します。

開催日
2020年6月19日(金)13:30~15:30
会 場
オンライン
※東京・大阪常設会場の参加も可能です。
参加費
13,200円 税込(教材は事前に郵送します)
定 員
10名
主 催
日本工業出版(株)

建築用空調設備配管設計の基礎(圧力線図の描き方とポンプの運転状態の算定)

日工セミナー2020(6月18日開催)
◆◇建築用空調設備配管設計の基礎(圧力線図の描き方とポンプの運転状態の算定)◇◆

 最近の複雑化・高度化した空調設備の配管システムの設計に必要な、熱源設備と配管システムについての基礎的な知識、圧力線図による管内圧力の求め方、ポンプの運転状態の算定方法について、初歩的な内容から解説します。理解を深めるために、実習の時間もとっています。現実的な事例についての実際の運転・制御状態を想定した内容になっていますので、設計者だけでなく、施工管理者・運転管理者の方々にも有用なセミナーとなっています。
 参加者には2020年3月発売の書籍「空調配管設計再入門」を配布します。

開催日
2020年6月18日(木)10:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
参加費
38,500円 税込(講演テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人33,000円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「環境共生世代の建築設備の自動制御入門 新改訂版」 3,300円 税込
   関連書籍(2)「空調衛生設備 試運転調整業務の実務知識」 3,300円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名 オンライン10カ所
主 催
日本工業出版(株) 月刊「建築設備と配管工事」・月刊「クリーンテクノロジー」

軸流圧縮機・送風機の失速・サージ概論

日工セミナー2020(6月4日・5日開催)
◆◇軸流圧縮機・送風機の失速・サージ概論◇◆

 圧縮機・送風機・ファンにおける失速やサージに関連する現象は様々な現れ方をし、その性能の特徴や挙動と深く結び付いています。設計は失速限界に十分配慮して行われるべきものですが、その限界近くまで作動範囲を広げることが必要となる場合も多く、運転上で失速限界への遭遇あるいはニアミスもあり得ます。このような意味で設計・開発・運用者にとって失速点や失速・サージ現象への基礎的な理解と対処法の知識は重要です。また、冷却ファンとして用いられる大小の各種プロペラファンは狭隘空間など作動環境が厳しく複雑な流れが多く、しばしば失速ぎりぎりで使われており、軸流ファンと共通の失速の問題を抱えています。様々な外的要因、例えば流れのdistortion、翼の摩耗、汚れ、等々で失速限界が下がることもあり得ます。本セミナーでは、軸流圧縮機・送風機・ファンに発生するこれらの多様な現象とその流れに共通の基礎に注目して、様々の視点から分かりやすく解説します。開発や設計の現場で経験を積まれている方々や若手の技術者・研究者の方々にご参考となることを願っています。

開催日
2020年6月4日(木)13:00~17:00・5日(金)9:30~16:30
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
参加費
60,500円 税込(テキスト・5日昼食含む) ※3名以上ご参加の場合お一人55,000円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「圧力設備の破損モードと応力」 2,750円 税込
   関連書籍(2)「ターボ機械入門編」 3,300円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名
主 催
日本工業出版(株)

配管要素とバルブの圧力損失

日工Webセミナー2020(5月26日開催)
◆◇配管要素とバルブの圧力損失◇◆

 配管要素(エルボ、ベンド、ティーなど)は、壁面せん断応力による粘性摩擦のほかに、管路断面が広がったり、狭まったり、曲がったりしながら連結するので、形状や方向変化にもとづく流れの損失を考慮しなければならない。また、どのように配管継手がタンクに取り付けられているか、どのような種類のバルブを用いるかによっても損失は異なる。本講座では、液体の内部流れに焦点を絞り、流体工学の基礎知識ならびに、様々な配管要素やバルブの圧力損失について解説する。

開催日
2020年5月26日(火)13:30~15:30
会 場
オンライン
参加費
11,000円 税込(講演テキストは事前に郵送します)
定 員
10名
主 催
日本工業出版(株)

プラント配管材料基準と配管材料選定

日工Webセミナー2020(5月25日開催)
◆◇プラント配管材料基準と配管材料選定◇◆

 「配管材料基準(Piping Material Specifications)」は、プロジェクトの開始直後に作成され、後続の配管設計業務に大きな影響を与える最重要図書の一つである。その作成には、配管材料の知識だけではなく、設計や工事を含めた配管全般の知識、プロセス設計などの周辺の専門分野の知識、更には十分な経験が必要となる。本講義では、これから「配管材料基準」を作ろうとしている技術者に向けて、その基本的な作成手順、考慮すべき事項や注意点などについて紹介する。

開催日
2020年5月25日(月)13:30~15:30
会 場
オンライン
参加費
11,000円 税込(講演テキストは事前に郵送します)
定 員
10名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」・月刊「検査技術」

プラント溶接施工管理の基礎と技術動向

日工Webセミナー2020(5月19日・21日開催)
◆◇プラント溶接施工管理の基礎と技術動向◇◆

 プラント配管の多くは溶接により接合されています。一般的な溶接と異なり、方法も多岐にわたるため、溶接を適切に施工・管理することが配管工事の品質に大きく寄与します。
 本セミナーでは、配管溶接の施工管理を中心に基礎、各種トラブル事例と対策、最新の溶接技術動向について解説いたします。

開催日
2020年5月19日(火)・21日(木)13:30~15:30
会 場
オンライン
参加費
22,000円 税込(講演テキストは事前に郵送します)
定 員
10名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」・月刊「検査技術」

プロセスプラント設計におけるHAZOP・SILスタディ入門

日工セミナー2020(3月25日開催)
◆◇プロセスプラント設計におけるHAZOP・SILスタディ入門◇◆

 HAZOP(Hazard and Operability Study)は、プロセスプラントに対する安全性評価手法の一つとして国内外で広く用いられています。また、近年、海外のプロセスプラントでは、安全計装システム(Safety Instrumented System (SIS))の導入が一般的になっており、その基本設計に際してはSafety Integrity Level (SIL)スタディを行います。
 本セミナーはHAZOP・SILスタディの入門編として、HAZOP・SILスタディの基礎、基本手順、検討例の紹介および実施における留意点を解説いたします。

開催日
2020年3月25日(水)10:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
参加費
38,500円 税込(講演テキスト・昼食含む) ※3名以上ご参加の場合お一人33,000円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「圧力設備の破損モードと応力」 2,750円 税込
   関連書籍(2)「プラントレイアウトと配管設計」 3,300円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」、月刊「計測技術」、月刊「検査技術」

油圧技術基礎講座(油圧の理論から実践まで)

日工セミナー2020(3月12日・13日開催)
◆◇油圧技術基礎講座(油圧の理論から実践まで)◇◆

 本講座は油圧技術概論、産業機械および特殊自動車での油圧機器と油圧回路・システムに関して専門の講師が解説します。初めて油圧技術に取り組む方、油圧技術に関わる営業技術の方々に油圧の基礎知識・技術を一通りマスターできるようなカリキュラムとなっております。若手の技術者を対象としておりますので、社内教育の一環として是非ご活用頂き、ご参加ください。

開催日
2020年3月12日(木)13:00~17:00・13日(金)10:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
参加費
55,000円 税込(テキスト・13日昼食含む) ※3名以上ご参加の場合お一人49,500円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「油圧基幹技術 ~伝承と活用~」 4,950円 税込
   関連書籍(2)「油空圧シール技術のすべて」 2,750円 税込
   関連書籍(3)「改訂版油圧ショベル大全」 3,850円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「油空圧技術」、月刊「建設機械」

中小型ガスタービン・ガスエンジン発電システムの導入事例と運転保守

日工セミナー2020(2月28日開催)
◆◇中小型ガスタービン・ガスエンジン発電システムの導入事例と運転保守◇◆

 近年、ガスタービンは一般事業者向けに電力需要・蒸気需要に合わせた開発が進み、国内において、省エネルギー性とCO2削減効果が期待できるため、産業用プラントや地域冷暖房に採用されています。また、高効率化も進み、中型クラスでは発電効率39.3%(LHV基準)が開発され、大規模工場向けに導入されています。
 ガスエンジンでは、5~35kWクラス前後の小型クラスがユニット化され、給湯需要の多い市場または複数台で下水処理場等への導入が行われています。1MW以下においても、高効率化・低コスト化が進み、小型という効率的には不利な条件にもかかわらずミラーサイクルを採用した機種で発電効率40%以上を達成し、また、2MW級でも発電効率48.0%の機種が開発され、ガスエンジンの高効率化が進んでいます。
 本セミナーは中小型ガスタービン・ガスエンジンの概要と特徴、メンテナンス及び運用のポイント、導入事例について解説します。

開催日
2020年2月28日(金)10:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
参加費
38,500円 税込(講演テキスト・昼食含む) ※3名以上ご参加の場合お一人33,000円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「コージェネレーション導入関連法規参考書2018」 5,500円 税込
   関連書籍(2)「コージェネレーション白書2018」 3,300円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「クリーンエネルギー」

プラント配管解析の基礎と事例

日工セミナー2020(2月26日・27日開催)
◆◇プラント配管解析の基礎と事例◇◆

 配管解析については、昨今ソフトウエアの進歩により、材料力学、解析の素養がなくても入力さえできれば結論が得られるようになっており、便利な反面、間違えに気づかないまま計算を完了してしまう怖さもあります。今回のセミナーでは応力解析の基礎から様々な事例の解説を網羅した内容で講演いただきます。皆様のご参加をお待ちしております。

開催日
2020年2月26日(水)13:00~17:00・27日(木)9:30~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
参加費
60,500円 税込(講演テキスト・27日昼食含む) ※3名以上ご参加の場合お一人55,000円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「プラント配管解析技術」(月刊「配管技術」2015年2月増刊号) 2,200円 税込
   関連書籍(2)「圧力設備の破損モードと応力」 2,750円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」

プラント配管設計の基礎(バルブまわり配管設計)

日工セミナー2020(2月21日開催)
◆◇プラント配管設計の基礎(バルブまわり配管設計)◇◆

 プラントの運転に欠かせないバルブまわりの配管アレンジメントはレイアウトを作成する配管設計部門だけではなく、プロセス設計・計装設計・メカニカルハンドリング・建設、運転担当など、全ての担当部門が協力して、それぞれの視点の検証が行われるべきです。
 本セミナーでは、配管設計の観点からバルブの選定手順及びバルブまわり配管設計(配管レイアウト)のポイントについて解説いたします。

開催日
2020年2月21日(金)13:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
参加費
33,000円 税込(テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人27,500円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「工業プロセス用調節弁の実技ハンドブック」 3,300円 税込
   関連書籍(2)「新・初歩と実用のバルブ講座」 3,300円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」

セントラル空調システム自動制御入門

日工セミナー2020(1月29日開催)
◆◇セントラル空調システム自動制御入門◇◆

 空調設備設計では設計負荷(最大負荷)を満足するように設備を選定するのに対して、自動制御は変動する負荷に対応してエネルギーを過不足なく供給することによって、建物の快適性と省エネルギーを実現します。このため、空調設備と自動制御は一体不可分であり、合わせて理解することが求められます。
 一方、自動制御はプロセス制御から機器組込型制御まで多岐にわたるために空調設備技術者には入りにくい分野でした。そこで、本セミナーでは空調設備制御に特化した下記編の内容を実務にただちに使えることをめざして解説します。
  ・基礎編:セントラル空調システムで一般的なPIDフィードバック制御
  ・機器編:フィードバックループを構成する検知器、操作器、調節器
  ・応用編:空調機廻り、熱源廻りの代表的な制御手法
 についてわかりやすく解説します。
 尚、講師の説明は当日配布する「環境共生世代の建築設備の自動制御入門」の内容に即して行うことによって、受講後の復習や、社内での勉強会にも役立つことを目指しています。

開催日
2020年1月29日(水)10:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
参加費
38,500円 税込(講演テキスト・「環境共生世代のための建築設備の自動制御入門 新改訂版」・昼食含む) ※3名以上ご参加の場合お一人33,300円 税込
 ※本書籍をすでにお持ちの場合も同額とさせていただきます。
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「空調衛生設備 試運転調整業務の実務知識」 3,300円 税込
   関連書籍(2)「建築設備 配管工事読本」 3,300円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「建築設備と配管工事」・月刊「クリーンテクノロジー」

プラント配管溶接設計の基礎

日工セミナー2020(1月24日開催)
◆◇プラント配管溶接設計の基礎◇◆

 プラント配管の多くは溶接により接合されています。一般的な溶接と異なり、方法も多岐にわたるため、設計から施工、施工管理などの関連する技術者が知っておくべきことも多くあります。今回のセミナーでは配管溶接の基本的な知識、配管溶接設計、溶接後熱処理、及び、各種トラブルと最新の溶接技術について解説いたします。

開催日
2020年1月24日(金)9:30~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
参加費
38,500円 税込(テキスト・昼食含む) ※3名以上ご参加の場合お一人33,000円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「圧力設備の破損モードと応力」 2,750円 税込
   関連書籍(2)「プラントレイアウトと配管設計」 3,300円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」、月刊「検査技術」

高温腐食損傷と防止対策

日工セミナー2020(1月23日開催)
◆◇高温腐食損傷と防止対策◇◆

 資源エネルギーの利用及び変換の際にプラントの重要部位では必ず高温環境に曝されます。高温装置は過酷な条件で利用され、使用される材料は高温での腐食に対応した材料の選択が必須です。腐食は雰囲気成分と材料との表面反応と、その後の熱力学と固体中の拡散現象によって進行します。その現象も多義に渡るので、主な現象について基礎から損傷事例まで説明し、さらに使用環境に適した優れた耐熱・耐食材料の選択と適用の重要性を分かりやすく説明します。
 今回のセミナーの高温腐食とその防食については、日本の1950年から1990年までの約40年間の高度経済成長期に新しい高温設備が種々の目的で製造・運転されました。その際に、経済性の向上、省エネルギー化などのため、一段と過酷な運転に曝されたことから、今日参考になる損傷事例が経験され、その対策もとられてきました。主な事例を紹介し、また1990年以降は環境問題からの低炭素対策及びIT産業などの新しい産業に対する動向が顕著となり、それらの中で、高温損傷に関する事例も含めて紹介します。

開催日
2020年1月23日(木)13:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
参加費
33,000円 税込(講演テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人27,500円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「ステンレス鋼の基礎と上手な使い方」 2,200円 税込
   関連書籍(2)「圧力設備の破損モードと応力」 2,750円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」

ボイラ本体の構造と周辺機器

日工セミナー2020(1月22日開催)
◆◇ボイラ本体の構造と周辺機器◇◆

 本セミナーはボイラ本体の構造と周辺機器に特化して解説します。ボイラ本体の構造については、バーナ燃焼ボイラは発電用と産業用とどこが異なるところ、ごみ焼却用ボイラ(ストーカ炉)、木質バイオマス用循環流動床ボイラ、並びにコンバインドサイクル(GTCC)用廃熱回収ボイラ(HRSG)についても、バーナ燃焼ボイラとどこがどの様に違うのかについて体系的に解説します。また、周辺機器に関しても、大型用と小型用で何がどの様に違うのかについて解説します。

開催日
2020年1月22日(水)13:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
参加費
33,000円 税込(講演テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人27,500円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「圧力設備の破損モードと応力」 2,750円 税込
   関連書籍(2)「蒸気タービン新改訂版」 3,300円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」、月刊「検査技術」、月刊「計測技術」

計装機器のトラブル事例とその対策

日工セミナー2020(1月17日開催)
◆◇計装機器のトラブル事例とその対策◇◆

 本セミナーは、プラントの計装機器「温度計、圧力計、流量計、調節弁、伝送器、レベル計」を取り上げ、機種特有のトラブル、診断方法と対策をメーカの技術者よりご解説していただき、多数の方のご参加をお待ちしております。

開催日
2020年1月17日(金)9:30~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
参加費
38,500円 税込(テキスト・昼食含む) ※3名以上ご参加の場合お一人33,000円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「工業プロセス用調節弁の実技ハンドブック」3,300円 税込
   関連書籍(2)「渦流量計の創造」1,650円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「計測技術」・月刊「配管技術」

プロセス設計技術者養成講座

日工セミナー2019(前編 2019年11月27・28日 後編 2020年2月19・20日開催)
◆◇プロセス設計技術者養成講座◇◆

 プロセス設計は化学プラント設計の基盤となる業務で、その良し悪しがプラント全体の品質やスケジュールに大きく影響します。そのために設備設計や装置設計に携わる技術者の方々にもプロセス設計について理解していただくことが必要です。
 本講座ではプロセス設計の基本となる化学工学から詳細設計との関わりを中心とした応用、設計品質確保に重点を置いたプロセス設計の実務と経験から得られた安全設計の要件について説明致します。
 なお、講座を前半の“プロセス設計の基本と応用”と後半の“プロセス設計の実務と経験”に分けて講義いたしますので、プラントの設備設計や装置設計に携わる方のご参加をお待ちしております。

開催日
前編:プロセス設計の基本と応用 2019年11月27日(水)13:00~17:00、28日(木)10:00~17:00
後編:プロセス設計の実務と経験 2020年 2月19日(水)13:00~17:00、20日(木)10:00~17:00
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
参加費
120,000円 税別(講演テキスト・11/28 2/20昼食含む) ※3名以上ご参加の場合お一人100,000円 税別
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「プラントレイアウトと配管設計」3,000円 税別
   関連書籍(2)「化学プラント配管設計の基本」3,000円 税別
   関連書籍(3)「圧力設備の破損モードと応力」2,500円 税別
   関連書籍(4)「ターボポンプ」3,000円 税別
   関連書籍(5)「蒸気タービン」3,000円 税別
定 員
東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名
主 催
日本工業出版(株) 月刊「配管技術」

第14期 配管技術者養成塾

日工セミナー2019(11月19日より開講)
◆◇第14期 配管技術者養成塾◇◆

 一般社団法人配管技術研究協会と月刊「配管技術」(日本工業出版発刊)が総力をあげた公開講座です。配管技術全般を経験ゆたかな講師が易しく講義、第一線で活躍できる配管技術者に育成します。

開催日
2019年11月19日(火)~2020年2月4日(火)全9日間 13:00~17:00 計36時間
会 場
東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
参加費
162,000円 税込(講演テキストと「プラントレイアウトと配管設計」含む) ※2名以上ご参加の場合お一人129,600円 税込
 ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
   関連書籍(1)「配管技術者が知っておくべき工学知識」(月刊「配管技術」2018年2月増刊号)2,200円 税込
   関連書籍(2)「化学プラント配管設計の基本」3,300円 税込
定 員
東京会場24名 大阪会場16名
主 催
日本工業出版(株)・(一社)配管技術研究協会
2019年度に開催されたセミナー一覧はこちら  2018年度に開催されたセミナー一覧はこちら  2017年度に開催されたセミナー一覧はこちら
2016年度に開催されたセミナー一覧はこちら  2015年度に開催されたセミナー一覧はこちら  2014年度に開催されたセミナー一覧はこちら
2013年度以前に開催されたセミナー一覧はこちら