日工の技術図書

ポンプのキャビテーション損傷の予測と評価(英語版付属)
商品コード:
TSJG001

ポンプのキャビテーション損傷の予測と評価(英語版付属)

販売価格/
4,860 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
「TSJ G 001:2011 ポンプのキャビテーション損傷の予測と評価」は、2003年発行のターボ機械協会指針TSJ G 001:2003の改訂版です。
ターボ機械協会、キャビテーション研究分科会ではTSJ G 001:2003の発行後も、キャビテーション損傷の予測と評価方法の調査・検討を継続的に行っています。今般、技術の進歩や最新知見を反映した改訂が必要であると判断し、下記を主な改訂・追加点として本指針を発行しました。

1.材料面からの損傷予測精度の向上のため、福井大学等の最新研究成果を反映した損傷予測式と、その詳細な解説を追加した。
2.流体面からの損傷評価のため、CFDによるキャビテーション損傷の最新の予測技術を、参考資料として大幅に追加した。
3.本規格の国際的な位置付けと役割・効果、またその実例として、石油精製用ポンプ規格改訂に関するISO/API/JWG合同会議での活動を追加した。
今般、英語版を増補し、新装版とした。

A4判 220頁

☆目次☆


1.指針の目的
2.適用範囲
3.用語、定義、記号および単位
4.ポンプのキャビテーション損傷の予測
5.ポンプのキャビテーション損傷量の評価

■解説 ポンプのキャビテーション損傷の予測と評価
1.ポンプのキャビテーション損傷の予測
2.ポンプのキャビテーション損傷量の評価

■参考A キャビテーションの発生形態と損傷事例
A.1 キャビテーション損傷の概要
A.2 キャビテーション損傷に影響を及ぼす因子とその影響
A.3 キャビテーション損傷に関与するキャビテーションの形態
A.4 ポンプのキャビテーション損傷事例

■参考B ポンプのキャビテーションの性能予測
B.1 必要有効吸込ヘッドの定義と性能低下点
B.2 全揚程低下点の予測
B.3 キャビテーション初生点の予測
B.4 キャビテーションの熱力学的効果と揚程低下点の予測

■参考C ポンプ設計上の留意点
C.1 設計上の留意点の概要
C.2 設計点のキャビテーション
C.3 非設計点のキャビテーション
C.4 ポンプの構造に起因するキャビテーション
C.5 キャビテーション性能と規格
C.6 材料の選定

■参考D キャビテーション損傷試験法とキャビテーション衝撃圧センサ
D.1 キャビテーション損傷試験法
D.2 キャビテーション衝撃圧センサ

■参考E ポンプ設備計画・運用上の留意点
E.1 ポンプ据付上の留意点
E.2 運用上の留意点
E.3 キャビテーションの防止
E.4 キャビテーション発生の有無の判断

■参考F キャビテーションモデルを用いたCFD による性能・損傷予測
F.1 はじめに
F.2 CFD におけるキャビテーションモデルについて
F.3 CFD を用いたキャビテーション性能予測
F.4 CFD を用いたキャビテーション損傷予測
F.5 おわりに

■参考G 本指針の国際的な位置付けと役割
G.1 概要
G.2 JWG 会議
G.3 本指針の国際的な位置付けと役割

■索引

Guideline for Prediction and Evaluation of Cavitation Erosion in Pumps

商品のご購入はこちらから

個数:

その他のオススメ商品

【PDF版】ハイドロタービン 新改訂版

販売価格(税込): 3,780 円

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP