日工の技術雑誌

洋上プラント・船舶・海洋技術
商品コード:
HZ1402

洋上プラント・船舶・海洋技術

販売価格/
2,700 円(税込)
通常価格/
2,700 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
配管技術 2014年2月 増刊号
油田、ガス田の多くは海底にあり、その規模も様々で、特に中小規模のものに関しては採算の問題から既存の開発技術ではなく、洋上プラントを利用する方法が求められます。また船舶そのものに関しても、独自の配管技術が発達しており、舶用製品などにも多くみられます。
近年、このような天然ガス、石油等に留まらず、洋上風力発電など新エネルギーの分野でも海洋技術が注目されています。本増刊号では、FPSO、FLNGなどの洋上プラント、船舶、海洋技術につきまして注目の事例、製品について特集いたしました。

B5判 本文116ページ

目次

<エンジニアリング全般>

◎海洋(オフショア)プロジェクトの動向/千代田化工建設㈱/小松法仁
海洋石油・ガス生産設備の概要、本海洋(オフショア)ビジネスの今後の動向、及び千代田化工建設の本分野への取り組みについて紹介する。

◎フローティングLNG(FLNG)の動向について/(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構/永井一聡
フローティングLNGが注目されている。いまだ操業の実績はないが「洋上で採掘・液化・出荷が可能」という特性から、様々な案件での採用が検討されている。その特性と各プロジェクト動向について紹介する。

◎船舶・洋上LNG 設備の開発/三菱重工業㈱/岡 勝・財津 融
当社は舶用分野でのLNG 利用拡大に寄与する方針のもと、船舶・浮体設備のLNG 関連プラントモジュールを製品化し、造船市場に供給する事業として、MHIGEMSの販売を開始したが、本稿ではその開発事例・製品を紹介する。

◎ベトナム洋上CO2-EOR実証試験/(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構/高橋 悟・西﨑愛子/JX日鉱日石開発㈱/畠山厚志/日本ベトナム㈱/河原洋平
CO2-EOR技術は、近年の地球温暖化への懸念や油価の高止まりから世間の注目を浴びるようになっている。JOGMECとJX日鉱日石開発㈱は産油国と協力して、H23年に世界初の洋上パイロットテストを実施。

◎海洋温度差発電の原理と開発状況/NPO法人海洋温度差発電推進機構/上原春男
海洋温度差発電は、海洋の表層温海水(25~30℃)と水深800~1000mの深層冷海水(4~5℃)の温度差を利用して発電するシステムである。海洋温度差発電は、長年の研究開発によって、ようやく実用化の段階に達した。本稿では、その原理と開発状況について紹介する。

◎浮体式LNG受入・再ガス化基地(FSRU)用LNG気化器/㈱神戸製鋼所/江頭慎二
浮体式LNG受入・再ガス化基地(FSRU)用LNG気化器について、神戸製鋼所の事例をもとに解説する。

◎洋上プラントで使用されるポンプ/㈱シンコー/三原 久行
洋上プラントには数多くのポンプが使用されているが、その中で弊社が納入した主なポンプについて概要を紹介する。

◎多相流ポンプ/㈱小坂研究所
石油の生産ラインは油・水・ガスの三相流となり、一般的にこれを「多相流」と呼んでいる。本稿では洋上プラントで多数使用される多相流ポンプについて紹介する。

◎誘導加熱を利用した船舶甲板等の溶接歪み取り装置/第一高周波工業㈱/吉田博隆
鋼板の溶接による歪みを取る方法として、従来バーナー加熱法が使われてきたが、昨今、誘導加熱を利用した方法も注目されている。本稿ではそれらの、原理、特徴などについて紹介する。

◎海洋プラント向けスーパー二相系シームレス大径鋼管/㈱久世ベローズ工業所/土居雅春
石油ガスの海洋プラント用鋼管に、二相系ステンレス鋼、特にスーパー二相鋼が使用されているケースが増えている。㈱久世ベローズ工業所では、大径で薄肉から厚肉のシームレス鋼管の製造体制を構築、各用途に対応できる。

◎洋上プラントにおける海水管内面の腐食・防食・防汚技術/日本防蝕工業㈱/畑井 洋一郎
船舶での海水内面に発生する腐食の現状と対策、防汚の必要性と防汚技術の現状を解説し、保守管理に制約がある洋上に設置されたプラントの海水管内面の防食・防汚対策をどの様に設計すべきか、技術例と合せて紹介する。

<ソフトウエア・シミュレーション技術>

◎AVEVA製品によるAibel社のグローバルオペレーション/AVEVA AB, AVEVA World Magazine編集長/Magnus Feldt/(訳)アヴィバ㈱ 西 洋一
ノルウェーのAibel社を訪問し、CADシステムのリードアドバイザー Knut O. Storsveen氏とエンジニアリングマネージャー Bengt A. Morken氏から話を伺った。

◎エンジニアリング分野の垣根を越えて/日本インターグラフ㈱/山内重樹・原谷茂善
インターグラフ社では、オイル&ガス開発のオフショアへの広がり、それを受けたEPC各社の要望をかなえる為、Marine/Offshore、Onshore、Mining向け3D機能を統合、再パッケイジした。弊社顧客の事例を交え、新たなエンジニアリングの形を提案する。

◎洋上プラントにおける配管解析/伊藤忠テクノソリューションズ㈱/橋本 元信 ・本橋 賀津彦
洋上プラント設備において1次元熱流動数値シミュレーションを使用した例、及び流れの急停止に伴う水撃現象における構造解析(応力解析)について紹介する。

◎FPSOとその構成要素のマルチスケール解析/サイバネットシステム㈱/石田 智裕
FPSOとプラントやタンクを例に挙げ、浮体式洋上構造物全体とその構成要素を最適に設計するための解析手法として、ANSYS AQWAを用いたマルチスケール解析を紹介する。

◎固有ひずみ法による配管部分の溶接変形解析/アドバンスソフト㈱/加藤国男・松原 聖
Advance/FrontSTRで特長とする大規模解析を行った結果からータベースを作成し、その結果をもとに固有ひずみ法による配管部分の溶接変形解析を実施するという手法について説明する。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP