日工の技術雑誌

安定したプラント操業の実現に向けた最新技術
商品コード:
HZ1701

安定したプラント操業の実現に向けた最新技術

販売価格/
3,240 円(税込)
通常価格/
3,240 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
配管技術 2017年1月 増刊号
わが国では、近年数多くのプラント設備の高経年劣化が進み、今後、安全性に重点を置いたプラント設備の操業、維持管理が大きな課題となっております。また海外においても新興国を中心とした新設プラントは、設計の段階で長期連続運転を見越したメンテナンス技術の必要性が求められております。そこで、本月増刊号では、「安定したプラント操業の実現に向けた最新技術」と題しました。プラントを長期において連続運転させるために必要なメンテナンス手法について、プラントユーザー、エンジニアリング会社、メンテナンス会社、機器メーカーより、それぞれの視点で解説いただきます。

B5判 本文136ページ
2017.2.15

目次

■プラントの長期連続運転の現状と動向

○ひずみ計測による高温プラントのオンライン余寿命診断と破壊防止モニタリング/東北大学/野中 勇
老朽化が進む高温プラントにおいてはメンテナンスの高度化が求められているが、高温ひずみ計測によるオンライン余寿命診断や破壊防止モニタリングが設備保全の有効な手段となり得ることを述べる。

○長期連続運転をささえる検査技術/㈱中部プラントサービス/鍵谷 幸生
火力発電所をはじめとする各種プラントのメンテナンスにおいて、信頼性を確保し長期連続運転を可能とするために高度な検査技術が適用されている。定期点検時およびトラブル発生時に活躍している検査技術の最新を紹介する。

○産業プラント現場のX線技術高度化への取り組み/三菱化学㈱/三浦 到
産業プラントの現場におけるX線診断は、主に鋼構造物の溶接線検査や腐食検査などに適用されている。本稿は、撮像技術高度化開発として取り組んでいる化学プラント内部流体可視化について紹介する。

○医薬品製造施設メンテナンス基準確立支援サービス/三菱化学エンジニアリング㈱/松木 章洋
製薬産業構造は、合併など再編が進み、国内製薬会社の国際競争力が高まると期待されていた。しかし海外企業との差は開く一方である。本稿では、日本の製薬企業が競争力強化の為のコスト削減、生産性向上の具体策として、リスクベースアプローチによるメンテナンス手法を紹介する。

■安定したプラント操業の実現に向けたエンジニアリング各社の取り組み

○LNGプラントにおけるメンテナンスの留意点/千代田化工建設㈱/宮宇地 勇光
LNGプラントを含めプラントメンテナンスに関する要求は年々厳しくなってきている。本稿では、最近の要求事例を交えつつ、配管設計の留意点を紹介する。

○蒸気タービン設備の保守管理技術とその取り組み/㈱東芝/杉浦 将人
火力発電設備のうち蒸気タービン設備を構成する大型部品の長期運用における劣化に対して従来適用している保守技術、最新の保守管理技術、タービンの効率向上技術など、改良保全技術の提供の取り組みを紹介する。

○FPSO Topsideのマテリアルハンドリング/東洋エンジニアリング㈱/山根 元気
FPSOトップサイドマテリアルアンドリングの特徴について、全般及び設計上の留意点の観点から言及する。

○FLNGプロジェクトにおけるテクニカルHSE業務遂行/日揮㈱/谷川 圭史・野里 高志
浮体式洋上天然ガス液化設備(FLNG)プロジェクトの基本設計、詳細設計そしてプラント・船体建造の一連の流れの中で、納期と予算を守りつつ、確実に設計にHSEを考慮するために克服すべき課題とその対策を紹介する。

○化学プラントのメンテナンス方法と配置・配管設計/三菱重工業㈱/大木 隆光
化学プラントの配置・配管計画においては構成設備のメンテナンス方法を考慮し、必要な設備、スペースを設けておく必要がある。明確な法規制、基準などはなく、初期設計段階では顧客の意向を引き出すことは難しい。詳細設計段階もしくは建設時に指摘され、後戻り作業を余儀なくされるケースもある。本稿では一般化学プラントにおける各種設備のメンテナンス留意事項を紹介する。

■最新のメンテナンス関連技術

○長期連続運転のための再生工法/千代田工商㈱/寺西 大・緒方 征一郎・小谷 峰広・川島 克己・永松 弘幸・内池 淳
プラント設備は高経年化が進んでいる中で連続運転させるために新規に設備や機器を製作し更新する方法があるが、劣化部に限定した再生工法を求められることがある。この再生方法に焦点を絞り経験してきた事例を紹介する。

○プラント配管のメンテナンス技術と当社の取り組み/新興プランテック㈱/金重 正規・笹谷 次郎
プラントの長期連続運転を担保するには、実施されるメンテナンスの信頼性が不可欠である。適用するメンテナンス技術の信頼性は言うまでもなく、安全、品質、作業性に優れたメンテナンスを提供するための取り組みを紹介する。

○オンライン設備診断技術による安定操業/旭化成エンジニアリング㈱/岩﨑 俊二
回転機械の振動診断技術を振動オンラインシステム(LEONEX)やWeb型遠隔自動振動診断システム(A-RMDs)を提供することにより、設備の異常兆候を予知し故障を未然に防止する技術を紹介する。また、IoT、ビッグデータ、AIを活用し診断技術を高度化することで更なる安定操業の実現を目指す。

○複極式プレート構造型海水電解装置の施工例/日本防蝕工業㈱/小幡 広也
主に臨海プラント工場で使用される海水電解装置について、新たにメンテナンス性にすぐれた装置を開発したので、装置概要および施工例を紹介する。

○大口径管向け手動式・自走式配管検査装置/㈱高田工業所 松本 正和・國本 学
大口径管用として、特に垂直部の内面目視検査に対応した手動式および自走式の配管検査装置について、開発概要、機能、装置の概要およびこれまでの検査実績について紹介する。

○3Dレーザースキャン技術を用いた腐食の可視化/日揮プラントイノベーション㈱/井村 裕義
SDMの短く限られた工事期間において、腐食検査を高速・且つ高精度で行い、検査結果の評価と補修範囲を明確化し、工期短縮する事をテーマとして、3Dレーザースキャナによる円筒・鏡・エルボ等複雑形状の計測・独自の解析技術を確立した。

○プラント長期安定稼働のためのプラントオペレーション・サポート/千代田システムテクノロジーズ㈱/岩井 昭博
設備の高経年化とこれを取り巻く諸課題をプラントの各データを系統的に統合し活用することで解決に導くソリューションを紹介する。

○インダストリー40時代のプラント設備管理/アヴィバ㈱/徐 東郁・吉田 和世
AVEVAは、インテリジェンスな設備管理ポータルソリューションを提供することによって、より安全で、経済的な生産設備の運営を支援している。本稿では、AVEVA NETをはじめとする設備管理ポータルソリューションについて紹介する。

○配管内自走式検査ロボットの紹介/㈱ジェイテック/甲斐 卓・宮崎 望
近年、多くのプラント設備が建設時より50年を迎える。特に配管管理においては、多くの問題を抱える。その中でも配管の内面状況を確認する事は容易ではない。そこで配管内検査の問題を解決する為、国外の技術「CRAB-ROBOT」システムの構造及び性能を紹介する。

■最新の機器メンテナンス

○誘導加熱による自溶合金皮膜の形成技術/第一高周波工業㈱/古吟 孝
誘導加熱による自溶合金皮膜の形成技術とその特性について解説し、バイオマス・廃棄物発電プラントのボイラーチューブ&パネルへの適用事例を紹介する。

○安定したプラント稼働の実現に向けた最新技術/東亜バルブエンジニアリング㈱/川上 浩・中右 昌宏
プラントの安定・安全運転を図るためのバルブメンテナンスに関わる最新技術を紹介する。

○バルブのトータルメンテナンス/石田バルブエンジニアリング㈱/青山 忠司
多様なバルブのトータルメンテナンス(total maintenance)を可能とするものは如何なるものであるのか、個々(individual)のバルブメンテナンスの特徴から総合的(total)にメンテナンスの構造を明らかにすることでバルブのトータルメンテナンスの可能性について考察した。

○キーパーブリザーのメンテナンスについて/金子産業㈱/山本 哲也
貯槽タンクの安全、内容物の品質を守る機器であるキーパーブリザーについて、作動原理、トラブル事例、メンテナンスの必要性等について紹介する。

○ストレーナのメンテナンス/ワシノ機器㈱/服部 正和
配管雑品として扱われることの多いストレーナについて、メンテナンスの意義、方法、問題及び対策を紹介する。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP
日立バルブ株式会社 スウェージロック社 藤産業株式会社 金子産業株式会社 第一高周波工業株式会社 ダイヤケミカル株式会社 日本インスペックス株式会社 日本ピラー工業株式会社 東呉情報システム