日工の技術雑誌

油空圧技術 2017年4月号
商品コード:
Y1704

油空圧技術 2017年4月号

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:作動油・潤滑油管理の実務1
○油圧作動油の最新動向
/出光興産(株)/青木慎治・永井利幸
油圧機器の技術進歩と共に、油圧作動油も日々新たなものが開発されている。長寿命化や省エネルギー化に関する作動油を中心に、難燃性作動油や生分解性作動油等、幅広く紹介する。

○作動油選定と正しい使い方
/EMGルブリカンツ(同)/平松洋治朗
油圧作動油には耐摩耗性油圧作動油、高粘度指数油圧作動油等、様々な種類があり、その油圧システムの要求に合ったものを選定する必要がある。本稿では作動油選定時のキーポイントについて述べた上で、作動油を使用中における注意点について解説する。

○作動油の物性値について
/室蘭工業大学/風間俊治
作動油は、油圧システムの血液に例えられるように、システムに不可欠な一要素である。本稿では、油圧機器の、特に摺動部への適用を念頭に、作動油の代表的な物性値である、密度、粘度、定圧比熱、熱伝導率に対する簡易的な推算式を記し、関連文献を紹介する。

○状態基準保全(CBM)を実現するオイル分析
/東京オイルアナリスト(株)/山中克浩
油圧機器保全で最も求められる状態基準保全(CBM)をオイル分析で状態監視しながら維持する為に、最も感度良く迅速に情報を取得できる分析手法を紹介する。

○固形ダストによる油圧回路の不具合と対策
/ヤマシンフィルタ(株)/石塚 信
油圧回路の故障の主な原因は油中異物であり、それを取り除くことにより油圧回路の故障を大幅に軽減出来る。油中異物はいくつかあるが本稿ではそのうち固形ダストとその除去方法について解説する。

○油中気泡による故障の原因と対策
/法政大学/田中 豊
/青山学院大学/坂間清子
フルードパワーシステムや潤滑システムにおける要素機器の不具合の75〜85%は、コンタミナントが原因である。本稿では、コンタミナントのうち、油中の気泡について、その発生要因やトラブル要因とその対策や油中気泡の除去技術について解説する。

○故障の原因と対策
/トリプルアール工業(株)/生井映久
油圧トラブルの原因と対策、油圧機器をトラブルなく稼働させる為の多種多様な対策、トラブル原因への対処方法がある。本稿では特に水分除去について、今後のメンテナンスのあり方とともに紹介する。

○故障の原因と対策
/(株)ハイダック/水村彰志
潤滑油基油の高精製度化と設備への負荷増大により、過去に問題となっていなかった静電気火花放電によるバーニッシュの発生について、海外文献を参考にしながら解説し、主な発生源であるフィルター材料の選定を含む対策方法を紹介した。

○高度濾過技術と状態監視技術の融合
/RMFジャパン(株)
世界最高レベルの性能をもつエレメントと、オフラインフィルタ専門設計が実現する本質的なオイル清浄度管理。超精密濾過から大流量、高速フラッシングまで幅広く提案が可能。状態監視技術(汚染、劣化監視)も融合させた、今後のIoTニーズにも対応。

○スタビンガー粘度計SVMシリーズ
/(株)アントンパール・ジャパン/佐藤浩平
潤滑油等の動粘度を「密度」と「絶対粘度」から同時測定するスタビンガー粘度計SVM™シリーズに新製品SVM™4001が登場。同時に40℃と100℃など異なる2温度での測定が可能で、高速にVI値を算出。業界を問わず採用実績が増えている。

○環境対応型難燃性作動油
/日本クエーカー・ケミカル(株)/武田健吾
当社は潤滑性、安全性に優れる難燃性作動油として、1970年に世界に先駆けて合成脂肪酸エステル系油圧作動油を開発した。本稿ではその最新バージョンである「クイントルブリック888シリーズ」の特徴の紹介をするとともに、作動油の管理について述べる。

○スタットフリーフィルターエレメント
/(株)ハイダック/水村彰志
オイルにも静電気は帯電しない、静電気起因の火花放電を抑制し、設備の信頼性と稼働率向上に貢献できる『Stat-free filter element』を紹介する。

■連載
○油圧装置に於ける二大故障の根本的解決方法9
電気工学で使われる過渡応答の考え方を使って油圧装置の故障を無くす
/山本和夫

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計

○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○油圧シリンダ

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP