日工の技術雑誌

自動認識 2017年7月号
商品コード:
Ba1707

自動認識 2017年7月号

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:医療現場の安全・安心
○医療分野でのGS1標準のバーコードの活用事例
/流通システム開発センター/前川 ふみ・高井 弘光・植村 康一
患者安全と医療の質の向上、効率化を目指して、医療機関におけるGS1標準のバーコード利用が進んでいる。本稿では、3つの病院の取り組みから、医療用医薬品のGS1データバー、鋼製器具のGS1データマトリックスの活用事例を紹介する。

○GS1データバーの適正流通と医薬品卸の取り組み
/スズケン/長谷川 フジ子
使用の際の安全対策として表示されたGS1バーコードは、平成 28年8月30日の通知により全ての販売包装単位と元梱包装単位にロット・有効期限の情報を付加するよう義務化された。この通知以後、支店卸物流拠点におけるGS1バーコードの活用状況について報告する。

○GS1データバーの医療安全と製薬企業の取り組み
/田辺三菱製薬/近藤 斉
医療事故防止とトレーサビリティの目的で医薬品に導入されたGS1コードの各包装単位の表示でメーカーが利便性や効率性を検討し工夫したポイント振り返り、また現状の利用状況、その問題点、変動情報も含めた今後の積極的な利用普及と新たな使用の可能性について提言する。

■Auto-ID Solution
○屋内位置情報を基盤とした現場情報共有システム
/国際航業/田端 謙一
本稿では、清水建設(株)とともに開発した、GPSの電波が届かず、ヒトやモノのロケーションが日々変化する建設現場において、屋内測位技術を活用して現場の様々な情報(施工情報、現場での確認事項、ヒトの位置、モノの位置等)の共有が可能な現場情報共有システムの概要・特長・課題を紹介する。

■話題の追跡
○アフリカでの保健医療分野における生体認証のニーズ
/長崎大学熱帯医学研究所/金子 聰・ダニエル・トシオ・ハーレル
アフリカの保健医療情報システムを構築する際に問題となるのが個人同定とID管理の困難さである。生体認証によるID管理は、その問題を解決するだけではなく、新しいイノベーションへと繋がる可能性を秘めている。

○宅配便に関する意識調査
/プラネット
日用品にまつわるトピックスを届ける『Fromプラネット』第61号として、宅配便に関する意識調査を行った。本稿ではその結果について紹介する。

○RFIDのサプライチェーンへの適用規格群JIS Z 066xシリーズの概要(後編)
/オムロン/大塚 裕
2013年に改訂されたサプライチェーン用RFIDのISO 1736xシリーズを基にしたJIS Z 066xシリーズ規格が2017年1月に完成した。この規格では、サプライチェーンにおける物品、製品、部品、製品包装、リターナブルな輸送器材/梱包器材、輸送単位、および貨物コンテナ管理の各階層において RFIDを使用する際の様々な規定がなされている。本誌では、2回に分けて、JIS Z 066xシリーズの概要や各階層におけるRFIDの仕様やRFタグへのデータ格納方法等を紹介する。

○手書き文字・活字文字認識対応帳票OCRソフトウェア
/エヌジェーケー

■連載
○薬剤師の視点から見た医療安全と自動認識 第1回
機械化・オートメーション化を進めたい薬剤師業務
/日本調剤/鈴木 高弘

○製造現場:情報と制御 第2回
情報目線と制御目線
/日立パワーソリューションズ/吉澤 隆司

○NFCで始める実践RFID 第57回
飲み会とNFC(とiOS11のNFC対応!)
/ハヤト・インフォメーション/大坂 泰弘

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP
東芝テック株式会社 株式会社サトー 三栄電機株式会社 株式会社フェニックス 株式会社日立情報通信エンジニアリング 株式会社新盛インダストリーズ セイコーインスツル株式会社 ユニテック・ジャパン 株式会社ウェルキャット リンテック株式会社 ウェルコムデザイン株式会社 株式会社イメージャー オムロン 一般社団法人日本自動認識システム協会 株式会社オートニクス トーヨーカネツソリューションズ 株式会社マーストーケンソリューション タカヤ㈱ 東呉情報システム ワイヤレスM2M展 ㈱アイエムプロジェクト