日工の技術雑誌

計測技術 2017年11月号
商品コード:
A1711

計測技術 2017年11月号

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:SCF2017 計測展2017TOKYOの見どころ
2017年11月29日(水)〜12月1日(金)に東京ビッグサイトにてSCF2017 計測展2017TOKYOが開催される。各社の見どころを紹介する。

○アズビル(株)
○ISA100 Wireless Compliance Institute 日本支部
○(株)岡崎製作所
○京都EIC(株)
○GMIジャパン(株)
○島津システムソリューションズ(株)
○新コスモス電機(株)
○FDTグループ日本支部
○(株)田中電気研究所
○(株)チノー
○東芝インフラシステムズ(株)
○IO-Linkコミュニティ ジャパン
○(特非)日本フィールドコムグループ
○日置電機(株)
○富士電機(株)
○フリアーシステムズジャパン(株)
○山里産業(株)
○横河電機(株)

■特集:プラントの安全を支える安全計装システムの最新動向と取り組み2
○緊急遮断弁の異常診断から始める自主保安の高度化
/アズビル(株)/平井怜子
今後プラントの高経年化によりメンテナンス人員不足や現場の保全力低下が懸念されており、自主保安の高度化が必要になってくる。本稿では、プラントの安全維持に貢献しうる緊急遮断弁の異常診断を行う機器スマートESDデバイス700シリーズについて紹介する。

○ワンアウトオブスリー(1oo3)セーフティーリレー
/(株)ピーアンドエフ/鈴木 哲
本稿では、防爆技術をリードする当社のアプリケーションによって異なる要求仕様と、適用されるセーフティーリレーの動作について、新たにリリースされた製品型式を例に紹介する。

○IIoTで電磁弁にできること
/日本アスコ(株)/川邊之伸・上岡達夫
プラントの安全操業を支えるためには、安全計装システム構築、向上とともに、IIoTの活用が注目され始めている。電磁弁可動部の直接的な開閉検知ができる事によって、故障の未然防止や消耗部品の劣化予測も可能となる。本稿では、そのシステムを紹介する。

○絶縁型防爆バリアと機能安全
/(株)大同工業所/大桐伸介
新規検定を取得し、機能安全の認証準備中の防爆バリアDB10シリーズを紹介するとともに、日本の防爆制度及び、本質安全防爆における本安機器と安全保持器の役割やその接続方法について述べる。また安全計装で使用される機能安全のPFDavg計算について紹介する。

■製品と技術
○制御盤のメンテナンス性向上に効果
/グローバル電子(株)/大谷浩之
プラント現場の生産性を高めるための提案として、ユニバーサル信号変換器であるPRエレクトロニクス社製4116を紹介しながら、制御盤のメンテナンス性向上に役立つ機能や効果的な使い方を紹介する。

■連載
○ガス流量計測のはなし 第112回
流量計100 ガスメータの基礎(18)
/東京メータ(株)/小林 駿
今回の「ガスメータの基礎(18)」では、水素ガスメータへの可能性の調査結果報告第1回の基本的な課題や要求仕様等と水素ガスの特性等について記す。ガス燈は、福島市古関裕而記念館のガス燈を紹介する。

○マスフロー千夜一夜物語 第39回
/EZ-Japan/黒田 誠
「質量流量計」に分類される熱式流量センサーを搭載したマスフローメータ(MFM)、マスフローコントローラ(MFC)の防爆仕様に関して、2017年春、「本質安全防爆構造MFMのTIIS認証を取得」を発表したブロンコスト・ジャパン(株)の新製品を中心に2回にわたって解説を行う。2回目として今回は、本質安全防爆構造MFMと耐圧防爆構造流量制御弁の組み合わせでの流量制御に必要な機器構成を解説する。

■コラム
○第17回 技術開発の速さと推進政策
/山﨑弘郎

■製品ガイド
○SCF2017 計測展2017TOKYOの見どころ

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP
オムロン 日本フェンオール 渡辺電機工業㈱ 理化工業 シマデン 横河電機 アズビル 第一エレクトロニクス チノー 自動制御計測 東呉情報システム 東邦電子株式会社 東京計装㈱ ポリテックジャパン㈱