日工の技術雑誌

自動認識 2017年12月号
商品コード:
Ba1712

自動認識 2017年12月号

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:製造現場の業務改善案
○IEによる生産性向上
/鹿島建設/赤木 宏匡
製造業に限らず幅広い業種で活用されている、ムリ、ムダ、ムラを「見える化」し、改善する手法であるIE:Industrial Engineeringを活用事例とともに紹介する。

○Case study:小規模製造業におけるIT導入
/インプラス/井上 竜一郎
小規模製造業では、人材不足、コスト負担、業務にあわない、使いこなせないなどを理由に、業務システムの導入が遅れている。利益に繋がるIT導入を効果的に進め、成果を出している小規模製造ベンチャーをケーススタディとして、IT導入成功の秘訣を探る。

○RFIDタグをボードに置くだけで製造現場の見える化を実現
/アートファイネックス/三好 寛明
製造現場での「見える化」を、RFIDを利用して簡単に実現するツール「おくだけボード」を紹介。かんばん、作業者、工程の始まりと終わりをRFIDタグをボードに置く(抜く)ことで確実に実績を収集する。キーボードやバーコードを使わない、分かりやすい仕組みで現場の方々の少ない負担で運用できる。

○不良の予知予防を可能にする「日本版IoT/M2Mシステム」
/KMC/堀口 直樹・大原 健佑
生産性に関して世界から遅れをとる日本。身の丈に合った日本版IoT/M2Mシステムを導入し、生産性を阻害する不良の予知予防に繋げることが課題である。当社が開発したΣ軍師シリーズ、電子カルテシリーズおよびQR銘板®について、導入事例を交えて紹介する。

○製造現場の映像と生産管理を繋ぐ業務改善のIoTソリューション
/テクノア/秋元 信吾
製造現場のトレーサビリティ向上・不良の詳細分析・技術伝承・作業標準化を促進する、生産管理システム「TECHS-BK」とカイゼンカメラシステム「Sopak-C」を連携させたIoTソリューションを紹介する。

■Auto-ID Solution
○商品の所在の把握 流通ロジスティクスと返品管理におけるトラックアンドトレース
/ジックAG/Silvia Puck
どの商品がどこにあるかを常に把握することは、プロセスの透明性を高めることにつながる。RFID ICタグを使用して、複数のトートボックスの同時読み出し、周囲のタグに妨害を与えないことはメリットである。本稿では、RFID読み取りゲートRFGS(無線周波数ゲートシステム)を紹介する。

○RFIDが航空業界のデジタル革新を支援
/富士通/渡辺 明浩
航空業界では航空機部品管理の効率化を目的に、構成部品へのRFID適用が拡がっている。当社は航空規格に準拠した各種RFID製品を「航空RFIDソリューション」としてトータルに提供し、製造プロセスや整備業務の効率化を実現、お客様の業務革新をサポートしている。

○ビッグデータ活用に対応した次世代システム
/積水ハウス/寺西 一浩
当社では、業界に先駆けて取り組んできたゼロエミッション(施工現場における廃棄物の削減と回収、再資源化)を強化するため、積水ハウス版ビッグデータである「邸情報データベース」と緊密に連携する新システムへ移行した。

■話題の追跡
○日常入浴中における心電信号の全自動計測とウェルネス管理システムの構築
/会津大学/陳 文西
本稿では、入浴中の心電信号計測技術の歴史と発展を振りかえり、世界の最新動向をまとめ、将来の研究開発課題と応用シナリオを展望する。入浴中に浴槽の水を介して心電信号を計測するための電極種類・設置方法、回路構成・仕組みなどを調べ、関連製品の現状と問題点を指摘する。過去の一連研究開発成果を踏まえ、最近進行中の関連研究開発活動について、システム全体の構成から各機能ブロックの実装までの課題を提案し、データの収集と解析の試みを述べる。本システムでは、15個の電極を浴槽壁に設置し、17誘導の心電信号の自動計測を行い、さらに6誘導の心電信号を導出し、全部23誘導の心電信号を取得することができる。このようなシステムを用いて、心臓後壁に関連する疾患の検出感度向上が期待される。また、リアルタイム解析により急性疾患発作の即時検知と個人別最適入浴条件の自動設定、さらに長期ビッグデータ解析により慢性疾患の早期予知と健康状態変化の追跡を可能にする。その上、研究開発課題の将来展開と実現のアプローチを提案し、潜在な応用シナリオと今後の展望を述べる。

■プロダクトA
○RFIDアンテナ内蔵小型セラミックパッケージ
/京セラ/山下 浩二

■連載
○薬剤師の視点から見た医療安全と自動認識 第6回
使用期限切れ医薬品の誤使用
/日本調剤/鈴木 高弘

○製造現場:情報と制御 第7回
製造情報の利活用のための設計1
/日立パワーソリューションズ/吉澤 隆司

○NFCで始める実践RFID 第62回
町工場とIoT5
/ハヤト・インフォメーション/大坂 泰弘

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP