日工の技術雑誌

商品コード:
GH-32

斜面防災・環境対策技術総覧

販売価格/
32,400 円(税込)
通常価格/
51,192 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
雲仙普賢岳・北海道の有珠山での火砕流、また北海道豊浜トンネルでの大規模岩盤崩壊の復旧 工事、日光華厳滝の岩盤補強等々の斜面対策、加えて、阪神・淡路大地震、台湾の集集地震やトルコの 地震により断層に関係する被害対策の必要性も再認識され、これらの対策技術が強く求められている。
本書は、基礎技術を基にして応用技術(設計法・施工法)、発展技術・研究開発、将来展望のように構成し、実務に係わる設計者・施工者が手軽に参考にできるように構成した。(発行:㈱産業技術サービスセンター)

【編集顧問】
福岡 正巳 (前)東京理科大学教授 斜面安定協会 会長
【編集委員長】
濱田 政則 早稲田大学 理工学部 土木工学科 教授
【編集幹事】
鈴木 明人 (株)大成情報システム 取締役 早稲田大学客員教授

B5判 970ページ
※送料無料

■目次


第1章 概  説
1節はじめに
2節地盤変動の基礎
3節地盤変動の原因
4節 防  災
5節 環  境
6節 防災予測
第2章 法面保護・盛土工法 
1節 概 説
2節 自然斜面における対策
3節 人工構造物による法面保護工
4節 盛土工法
5節 排水工法
6節 コンクリート構造物の耐久性耐候性を高める工法
第3章 斜面安定工・落石対策工
1節 概 説
2節 斜面安定工・落石対策工の現状と将来展望
3節 切土法面工・斜面安定工
4節 崩壊性要因をもつ地盤の切土のり面における安定検討
5節 岩盤斜面対策工
6節 大規模岩盤崩壊対策の実施例
7節 落石対策工
第4章 砂 防 工
1節 概 説
2節 砂防工事の現状と今後の展望
3節 砂防調査・計画
4節砂防堰堤工
5節 渓流保全工
6節 山腹工
7節 環境砂防工
8節 流木対策工
9節 大規模崩壊とその対策工
大谷崩
七面山崩壊
御岳大崩壊
九分二崩壊
草嶺山崩壊
10節 海岸砂防工
第5章 地すべり対策工
1節 概 説
2節 地すべり対策工の現状と今後の展望
3節 地すべり解析・計画
4節 地表・地下水排除工
5節 排土工・押え盛土工
6節 鋼管杭工
7節 シャフト工
8節 グラウンドアンカー工
9節 維持管理とモニタリング
第6章 火山対策工
1節 概 説
2節 火山対策の現状と今後の動向
3節 雲仙普賢岳の土石流対策工
4節 有珠山の火山対策工
5節 岩手山の火山対策工
6節 三宅島の火山対策工
7節 ハザードマップ
8節 無人化施工
第7章 断層対策工
1節 概  説
2節 断層対策の現状と展望
3節 台湾集集地震による石岡ダムの被災と緊急補修対策
4節 ダム基礎岩盤の断層処理工法
5節 橋梁の断層対策
6節 事 例
第8章 雪崩対策工
1節 概 説
2節 雪崩対策の現状と今後の展望
3節 雪崩の発生機構とゾーニング
4節 雪崩予防施設
5節 雪崩防護施設(保全対象を護る施設)
6節 人工雪崩
第9章 斜面・防災対策工の景観 
1節 ランドスケープデザインから考える
2節 デザインプロセス
3節 デザイン技法
4節 デザイン実例
第10章 斜面の計測機器と測定
1節 概 説
2節 計測機器と設置・測定方法
3節 斜面変動の実際と特徴
4節 計測結果の解釈と評価

第11章 斜面災害対策Q&A
【補強土壁関連】
【景観設計】
【地すべり対策関連】
【断層対策関連】
【雪崩対策関連】
【グラウンドアンカー】

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP