日工の技術雑誌

画像ラボ 2018年2月号
商品コード:
Ga1802

画像ラボ 2018年2月号

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■解説
〔農林水産支援〕
○自律型水中ロボの自動充電実用化へ向けて
/岡山大学/向田 直樹・山田 大喜・松野 隆幸・見浪 護
複眼カメラ画像を用いて、水中ロボットの位置・姿勢情報を実時間で推定し、制御するビジュアルサーボに成功し、実時間での自動充電を模擬する自動嵌合実験に成功した。本稿では、混濁した海水中での嵌合実験を詳述し、複眼空間立体認識に基づく海底自動充電の可能性について検討する。

〔ロボットビジョン〕
○遠隔移動体を用いた災害時捜索活動のための画像認識システム
/信州大学/山崎 公俊・Solvi Arnold
被災した環境を遠隔移動型ロボット等により捜索する目的に利用できる、画像認識システムを紹介する。捜索活動における画像認識の課題と役割について述べ、それらに対応できる認識手法とシステムの構成について説明する。実画像を用いた検証についても紹介する。

〔セキュリティ〕
○深層学習アプローチに基づいた歩行者の詳細認識
/名古屋大学/加藤 ジェーン・王 彧・小久保 嘉人
歩行者の詳細認識精度を向上させるための、超解像処理・特徴抽出時におけるパッチ分割・姿勢毎の識別器の構築・グラフィカルモデルという四つのアプローチを提案する。

○米国における顔認識技術とプライバシー保護
/(株)国際社会経済研究所/小泉 雄介
米国では犯罪捜査や入出国管理等、公共分野での顔認識技術の利用は拡大している。民間分野でも、個人認証の用途で顔認識技術を利用する動きはあるが、店舗等の商業施設での導入は意外に遅れている。その背景には、根強いプライバシーの問題がある。

○スマートフォンのカメラで指静脈認証を実現する技術
/(株)日立製作所/三浦 直人
スマートフォンに標準搭載されたカラーカメラを用いて指静脈認証を実現する技術について述べる。指のカラー画像から色情報に基づいて安定的に指静脈パターンを抽出する技術を開発することで、偽造やなりすましが困難な指静脈認証がスマートフォン単体で利用できるようになった。

〔メディカル〕
○画像の色とかたちで皮膚がんを判別、学習用クラウドサービス
/カシオ計算機(株)/峯尾 茂樹・北條 芳治・青木 信裕・武井 淳一
皮膚がん鑑別に用いられるダーモスコピー診断に関する知見習得のための会員制学習用サービス「D'z IMAGE」を2015年6月より開始した。そのきっかけとなった画像処理技術及びトップドクターらとの医工連携への取り組みと活用例を紹介し、今後の展望について述べる。

〔インフラ整備〕
○送電線下でのクレーン動作監視装置
/(一財)電力中央研究所/石野 隆一
送電線下でクレーンが作業する場合は、電線への接触が懸念される。このため、頻繁に使用される場合には、鉄塔に監視装置を設置し、注視する場合がある。これまでは、定期的に画像を確認していたが、クレーンの接近を検出する機能を実装した監視装置を新たに試作した。実装した機能について述べる。

〔放送・通信〕
○フルスペック8K制作システム
/NHK放送技術研究所/小出 大一
8K解像度、高ダイナミックレンジ(HDR)、広色域に加え、フレーム周波数120Hzの映像フォーマットに、撮影から制作、表示まで一貫して対応した、世界初のフルスペック8K制作システムを構築し、ライブ制作による実証実験を行った。

〔エンターテインメント〕
○モアレを軽減し、高品質なまんが電子書籍を作成する画像処理システムの開発
/共同印刷(株)/伊藤 貴彦・竹安 洋司郎
まんがの電子書籍で生じやすいモアレを抑えつつ、高品質な電子書籍画像データを作成する画像処理システムを開発した。技術概要を、電子書籍のモアレ発生の原因や、なぜ今この技術が必要かなどの背景を踏まえて紹介する。

■特集:エンベデッドビジョンシステムの最新動向
○センサフュージョンシステムの開発を加速する開発環境
/ザイリンクス(株)/神保 直弘
センサーフュージョンはエンベデッドビジョンシステムに急速に普及している。All Programmable SoC と業界標準のフレームワークを使用して開発できるreVISIONスタックを活用することで、短期間で最先端のシステムを実現できる。

○新たな概念で新たな用途を創造するエンベデッドビジョン
/Basler AG/Thomas Rademacher
エンベデッドビジョンはコンピュータービジョンの一種で、システムにカメラ機能を追加するだけでなく、撮影した画像を処理することもできる。エンベデッドビジョンを搭載した新型システムは、現在の産業用画像処理システムの主流であるマシンビジョンシステムよりもコンパクトでコストが低いだけでなく、画像の質や仕様に対する厳しい要件にも対応できる。本稿では、エンベデッドビジョンシステムのさまざまな導入事例を技術的な観点から紹介する。

○リアルタイムに見て考える画像認識ソリューション
/マクセルシステムテック(株)/島 雄一郎
当社では、「リアルタイムに見て考える」をコンセプトに、FA分野で培った画像認識技術をベースとして、エンベデッドビジョンシステムに最適な画像認識ソリューションの開発・販売を行っている。本稿では、この「画像認識ソリューション」について紹介する。

○組込み環境における高度な産業用画像処理機能の実現
/(株)リンクス/島 輝行
パソコンを利用できない分野での産業用画像処理ニーズの広がりに対し、当社は、HALCON Embeddedというソリューションを提供している。HALCON Embeddedを用いることで、FAで培われた高度な画像処理機能を、コンパクトな組込み環境で利用できる。本稿では、組込み環境で高度な産業用画像処理機能を実現する方法と、実際の活用例を紹介する。

■話題の製品と技術
○映像IoTシステム
/沖電気工業(株)/梁田 武実
IPカメラ市場の拡大にむけて、高解像度カメラのデータ量増加に伴うコスト課題解決、映像解析によるマーケティング分析に対応できるシステムとして、映像IoTシステム「AISION(アイシオン)」を開発した。

○スマホ時代のクラウド画像変換サービス
/ピクシブテクノロジーズ(株)/道井 俊介
Webサービスへのアクセス手段としてスマートフォンが主流となった現在における画像配信・変換の概要、問題点について説明する。また、それを解決する一手段として、当社の開発したクラウドサービスであるImageFluxを紹介する。

■コラム:マルコーニの彼方へ208
○VRによる人間存在の拡張がやってくる
/ヤマネコ

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP