日工の技術雑誌

機械と工具 2018年5月号
商品コード:
I1805

機械と工具 2018年5月号

販売価格/
1,598 円(税込)
通常価格/
1,598 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:複合加工機への期待と対応技術
○複合加工機が進める高度加工 -最新複合加工機NTXシリーズにおける自動化、および最新加工技術-
/DMG森精機/栗谷龍彦・酒井茂次
旋盤とMCの両機能を有する複合加工機では、ホブ加工、研削加工をも複合加工機上で行うことが実用化されている。ここでは、最新の複合加工機の機能を紹介するとともに、応用事例も紹介する。

○ベベルギヤも素材からワンチャックで加工 -付加価値の高いものづくりを支えるインデックス社の複合加工機-
/YKT/ルシュ 麻緒
ドイツ・インデックス社の複合加工機Gシリーズの構造・機能・特徴を紹介するとともに、ベベルギヤを素材から全加工する技術を紹介する。

○複合加工機を活かすCAMとその展望
/DPテクノロジー・ジャパン/小島久志
複合加工機では、軸構成と機械動作がそれぞれの工作機械特有のため、CAMには対応の強化が求められている。ここでは、同社の複合加工機への取り組み、また複合加工機に有効なCAMの利用方法、さらに将来的な展望を紹介する。

■特集:加工の現場で、いかにIoTを活用するか
○ものづくり現場におけるIoT活用環境の構築ステップとその活用の現状
/MAMTEC/清水伸二
中小企業においては期待されているほどにはIoTの導入が進んでいない。ここでは、IoT導入で期待される効果を整理し、環境の整備・構築を考えるとともに、EMO、INTS、JIMTOFにおける出展状況から現状を探る。

○工作機械のAI/IoT活用の実際
/マクニカ/金田泰行・楠 貴弘、町田悦一・梶井 学
製造現場でのIoTの活用が求められているが、まだまだ課題が多い。ここでは、キーワードであるセンシング、分析、コネクティビティについて解説する。

○第4次産業革命時代に求められるものづくり -デジタル・マニュファクチャリング・システムがものづくりを加速する-
/プロトラブズ/編集:高場麻理・監修:横田哲哉
樹脂および金属のカスタムパーツを試作から小ロットまで、短納期で提供するシステムについて、その背景、仕組みを紹介する。

■技術解説
○高剛性加工を実現する可変予圧主軸の開発
/OKK/柴原豪紀
難削材の加工に対応するため、工作機械の主軸に高い剛性が求められている。そのニーズに対応して開発した可変予圧主軸を紹介する。

■連載
○【中華計測器の実力拝見】-上-
/元・機械振興協会理事/上野 滋
手に入る多数の中国製ダイヤルゲージの精度チェックし、比較した。コストパフォーマンスは悪くはないことが分かった。

○【切削油剤の基礎知識】その2 切削油剤の最新動向
/ユシロ化学工業/滝口聖人
連載2回目は、航空機部品のチタン合金、CFRP用切削加工油剤を紹介する。

○【創造技法の活用による『問題解決』】<11> /飯田教育総合研究所/飯田清人
今回は、「気功法」とそれに関係した呼吸法を解説する。

○【海外技術動向】「難しい材料の加工に急速冷凍を援用」
/Manufacturing Engineering、Contributing Editor/Ed Sinkora/翻訳協力:上智大学SLO
難削材加工における仕上げ面向上、切りくず処理などの問題解決のため、さまざまな低温冷却が注目されている。

○【加工の現場から】株式会社 昭和精機
/技術支援業/滝沢 満

○【ITツールインタビュー】切削工具の一括管理ソリューションを提供
ZOLLER Japan(株) 渡邉水機氏にきく
/ききて/寺崎武彦

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP