日工の技術雑誌

配管技術 2020年11月号
商品コード:
H2011

配管技術 2020年11月号

販売価格/
2,178 円(税込)
通常価格/
2,178 円(税込)
■解説
〔展望・解説〕
○新設の核融合実験炉の冷却システム
/(国研)量子科学技術研究開発機構/夏目恭平・濱田一弥
我が国が、欧州と協力して建設した、超伝導コイルを用いた世界最大級の磁場閉じ込め型核融合実験装置JT-60SAの概要を解説し、超伝導コイルを-269℃に冷却するためのヘリウム冷凍システムや配管システムを紹介する。

○福島汚染水処理二次廃棄物への溶融ガラス化技術の適用性
/(株)IHI/鬼木俊郎・鍋本豊伸・福井寿樹
当社では、福島第一原子力発電所から発生する廃棄物の内、汚染水処理で発生する二次廃棄物等を減容・安定化することを目的として、コールドクルーシブル誘導加熱炉(CCIM)よるガラス固化プロセスの開発に取り組んでいる。本稿では、当社の取り組みに関して、開発の現状とともに紹介する。

○地域分散・最適生産型のスマート社会へ
/(株)IHI/坂倉茂樹
地産地消社会の実現に向けて、水素のように扱いが困難な物質の輸送を削減して、直接需要地で必要なときに必要な量だけを効率的に生産する。小型かつ高効率に化学プロセス製品を供給するコンパクトリアクター技術を紹介する。

〔設計〕
○クラウド環境での業務効率化
/E&Sコンサルタント安藤/安藤文雄
今、話題の定型業務の自動処理も、クラウド環境の利用を前提として構築するほうが安価で便利な面が多くなっている。本稿では、マイクロソフト社のPower AutomateとグーグルのApps Scriptについて解説する。

〔運転・管理〕
○3Dレーザースキャナを活用した既存設備のアズビルト計測技術とその活用
/クモノスコーポレーション(株)/西 乃輔
3Dレーザースキャナ計測により取得した機械設備・配管のアズビルトデータの改修工事における活用について解説し、維持管理に継続的に活用していくためのソリューションを紹介する。

○溶融亜鉛めっきの品質管理
/(一社)日本溶融亜鉛鍍金協会/柴山 裕
溶融亜鉛めっきは、コスト-パフォーマンスの優れた鋼材の防錆技術であるが、その表面には種々の現象が現れる。これらを現象の原因、対応策を、耐食性に影響のあるものとないものに分けて解説する。

○CFDを用いた調節弁に発生するキャビテーション壊食の予測
/アズビル(株)/斉藤健二・尹 鍾晧
CFD解析を行い、エロージョン指標を可視化した結果から調節弁に発生するキャビテーション壊食の予測に有効な指標を明らかにした。本稿では壊食とキャビテーションの発生形態との関連性とともに紹介する。

■連載
○プラント安全の新しい考え方 第4回
プラントの大規模事故とレジリエンス
/東京大学/佐藤拓哉
我が国の「プラント安全」の考え方に大きな影響を与えたのが、福島第一原発事故である。この連載講座では「プラント安全」に関する最近の取組みを紹介する。第4回は、レジリエンスの観点から、実際に発生したプラント大事故の進展状況を分析した。

○発電事業・激動の10年を振り返って 第3回
地球温暖化を巡る動向と第5次エネルギー基本計画の概要
/東北テクノアカデミア産学連携事務所/大地昭生
近年、温室効果ガス増加に伴うと思われる気候変動が、各地に暴風雨、洪水等の自然災害を頻発させ、発電事業に大きな影響を与えている。温室効果ガスの削減は喫緊の課題である。本稿では、温室効果ガスの削減を巡る最近の動向としてCOP21の概要とこれに対応して策定された我が国の第5次エネルギー基本計画の概要について解説する。

○配管解析の基礎 12(最終回)
/(有)アリモテック/有本享三/東芝エネルギーシステムズ(株)/湯原耕造
配管系の強度解析では個々の部品に特有の応力・ひずみ挙動への理解が求められる。連載の第12回目では、ORNLで実施された曲管の端部効果に関する研究、そしてその結果から提案されたたわみ係数と応力指数の近似式について紹介する。同様に実施された、曲管における真円度と壁厚のばらつきによる影響に関する実験的研究についても述べる。

○非破壊試験の基礎と応用 第1回
非破壊試験の概要
/ソノヤラボ(株)/園家啓嗣
非破壊試験は、ものを破壊せずに検査する技術のことである。配管技術者にとって重要な技術である非破壊試験について知ってもらうために、今回は、非破壊試験の概要、歴史などについて紹介する。

■製品技術情報
○スマートフォンによる土量計測サービス
/(株)日立ソリューションズ/賀川義昭
スマートフォンの動画撮影機能、高精度位置測位手法であるRTK-GNSS測位、クラウドにおけるSFMによる3Dモデル作成を組み合わせて盛土の体積計測を誰でも簡単に計測できるシステムを紹介する。

○ガスケットを現地加工する移動式サービスカー
/ニチアス(株)/神原華実
車両内にシートガスケットの加工設備を搭載した移動式のサービスカー「GASKET工房™」を紹介する。プラントメンテナンスで急遽必要になったガスケットを、その場で加工、納品することが可能である。

○省力化ダクトシステム
/フジモリ産業(株)/村田孝友
誰でも簡単に接続が可能で施工品質が安定するダクト接続を開発した。本稿では開発経緯から有用性、施工の効率化について紹介する。

○バイブレータ付きバキュームクランプによるトラブル解消事例
/NVN(株)/相木隆宏
粉粒体の閉塞、堆積、付着解消のために使う産業用振動機を、より効果的に使用するための方法として、真空エジェクタ付の吸着パッドを使用したバキュームクランプ方式による、従来とは異なる取り付け方法でのトラブル解消事例を紹介する。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP