日工の技術雑誌

油空圧技術 2021年1月号
商品コード:
Y2101

油空圧技術 2021年1月号

販売価格/
2,178 円(税込)
通常価格/
2,178 円(税込)
■特集:計測と設計の科学1
○超音波による混相流用の流量計の開発
/北海道大学/村井祐一
混相流の流量をリアルタイムで、しかも成分別に計測する装置はこれまで存在していない。石油・ガス混合流体や化学溶液・食品流動の流量管理用としてのニーズから開発した、超音波による非接触型の流量計測技術の概要を紹介する。

○吸込水槽の乱流渦制御に関する研究の展望
/(株)荏原製作所/安 炳辰・能見基彦・大渕真志/オハイオ州立大学/劉 瓊/カリフォルニア大学ロサンゼルス校/平 邦彦
本稿では、乱流渦の中で工業的に重要度が高い吸込水槽内の渦に関して、当社の研究開発を振り返ってみた。また、吸込水槽内に生じる渦の中で、水中渦のアクティブ制御技術を開発するため、モード解析を応用した研究事例を紹介。流体力学とデータサイエンスの融合により、潜んでいる乱流の特徴を明らかにし、乱流制御技術の更なる発展につながることを期待する。

○ターボ機械のカスタム製品における自動設計化
/エリオットグループ/伊藤芳幸
ターボ機器の設計には相似則が存在し、理論的には、機械設計の自動化は可能である。当グループが製造・販売する遠心コンプレッサについて、自動設計環境を開発し従来の設計時間の70%削減に成功したので紹介する。

○自動車用電制サスペンション開発
/KYB(株)/太田康洋
本稿では、「乗心地の良さ」と「ドライビング性能」の両立を実現する自動車用電子制御サスペンションシステム製品について、システムを構成している各要素の油圧技術・制御技術の概要を紹介する。

○流量モニタリングシステム
/CKD(株)/中田明子
本稿では、圧力上昇法を用いた流量測定方法を採用し、流量制御機器の定期的な点検・校正による半導体製造装置の稼働率低下を抑え、測定時間の短縮・精度向上を実現させた流量モニタリングシステムを紹介する。

○小型アキシアルピストンポンプの開発
/(株)タカコ/辻井喜勝
当社では、小型アキシアルピストンポンプを量産製造販売している。しかし、現行のポンプでは、ロボット市場のニーズを満たせているとは言えない。よって、本稿ではロボット市場の要求を満足できるポンプの開発の取り組みについて紹介する。

○オイルホールで高能率、長寿命のニーズに応える
/(株)不二越/上田貴文
流体解析を活用して開発したオイルホール形状REVO Power Coolerを備えた「アクアREVOドリルオイルホール」を発売した。従来のオイルホールに対して穴形状を一新し、流量増加と流れ方向の制御により、冷却性を高め、寿命、加工能率、多用途の性能を飛躍的に向上させることに成功した。

○変動流・脈動流の流量計測の事例
/(同)Flow Sensing Lab/河南広紀
変動流・脈動流の流量計測の取り組みについて、人工衛星の推進システムに関する事例を紹介する。国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の技術成果を活用して、1 ms以下の応答性を有する超音波流量計を製作することにより、推進剤流量の過渡的な変化を合理的に捉えることができた。

■解説
○拘縮患者のための空気式手首・手指リハビリ伸展装置の開発
/徳島大学/高岩昌弘
拘縮予防を目的とした手指と手首を同時に伸展可能な空気式リハビリ装置について解説している。患者の手を挟み込んだ2本の平行スティックに並進と回転動作を与え理学療法士の徒手動作を模擬する。患者からの反力に基づいた安全機能の実現や拘縮度合いの定量評価について説明する。

■連載
○機械設計の楽しい人生(第13回)
/長谷川和三/トヨタ自動車(株)/竹田吉徳

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○油圧バルブ

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP